FACILITIES/APPLICATION 貸し施設/各種申請

美術館ホール・
能楽堂の
利用申し込み

美術館ホール・能楽堂のご利用案内

1.利用の基準
  1. 造形芸術、音楽、文芸、演劇、舞踊、映画、写真などの芸術文化に関す県民の知識及び教養の向上が図れるもの
  2. 美術の維持管理に支障をきたさず、来館者の良好な鑑賞を妨げない催物であること
2.利用の申込
(1)受付

◇ご利用予定日が平日の場合、ご利用になる期日の1年前の月の初日から受付ます。
例)催物 翌年10月3日→ 受付 本年10月1日

◇ご利用予定日が土・日・休日の場合、利用予定日の属する月の13か月前の末日に、一斉受付会を開催します。※1希望日が重複の場合は抽選 ※2一斉受付会で申込みのなかった日は、平日の利用と同様の受付となります。
例)催物 翌年5月3日(祝日)予定→ 本年4月30日一斉受付会

■受付時間 休館日(下記参照)は受付をしません。
 美術館2階事務室 9:00~17:00
 一斉受付会(月の末日) 9:30~ 美術館2階会議室  (時間厳守)

■電話や郵便、Eメール等による申請はお受けしておりません。申請書での提出をお願い致します

(2)休館日

12月27日~1月1日(年始年末以外は年中無休)
■これ以外にも必要に応じて臨時休館となることがあります。

(3)利用時間

午前9時から午後10時までです。
利用時間は、午前(9:00~12:00)、午後(13:00~17:00)、夜間(18:00~22:00)の3区分になっています。
利用時間には、会場の準備、練習、観客の入場、使用後の会場整理など催物に関するすべての時間が含まれます。なお、本番(公演)は、概ね午後9時までに終了するよう計画をお願いします。

(4)使用料

基本使用料は、利用許可申請書提出時(受付日)にご持参ください。
附属設備使用料は、使用した附属設備の計算後に請求書を発行しますので、利用当日又は、後日ご持参ください。口座振込でもかまいませんが、振込手数料はご負担となります。納入された基本使用料は、条例で定められている場合のほか、お返しできません。

3.利用の許可・変更・取消
(1)許可

基本使用料の納付後、利用許可証をお送りします。催物の宣伝や入場券・ポスターの印刷などは、利用許可証を受け取ってから行ってください。

(2)変更

許可された内容に変更が生じた場合は、早急に「高知県立美術館施設利用許可変更承認申請書」を提出し、承認を受けてください。
例)利用時間、催物の名称、開場や開演時間、入場料の変更など

(3)取消

主催者の都合によりキャンセルする場合は、ご利用の2か月前までに「高知県立美術館施設利用取消承認申請書」「使用料還付請求書」「高知県立美術館施設利用許可証」「基本使用料の領収書」を提出いただければ、納入済の基本使用料の半額を還付請求できます。それ以降は、お返しできませんのでご注意ください。
■許可された内容を勝手に変更したり、「使用上のご注意」が守られないときは、利用を停止、または利用許可を取り消すことがあります。この場合にも当ホールは賠償の責任を負いません。

4.美術館ホールの利用料金
(1)基本使用料
区分 基本使用料
午前
(9時~12時)
午後
(13時~17時)
夜間
(18時~22時)
全日
(9時~22時)
ホ|ル 平日 入場料を
徴収しない場合
8,720円 11,990円 16,370円 37,080円
2,000円以下の
入場料を徴収する場合
9,210円 12,670円 17,290円 39,170円
2,000円を超える
入場料を徴収する場合
18,420円 25,340円 34,580円 78,340円
土・日・休日 入場料を
徴収しない場合
10,900円 14,180円 19,630円 44,710円
2,000円以下の
入場料を徴収する場合
11,520円 14,960円 20,730円 47,210円
2,000円を超える
入場料を徴収する場合
23,040円 29,920円 41,460円 94,420円
楽屋 1,590円 2,190円 2,990円 6,770円
リハーサル室 810円 1,020円 1,370円 3,200円
備考
  1. この表において休日とは、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日をいう。
  2. この表において入場料とは、入場料・会費・会場整理費その他の名称のいかんにかかわらず、催物1回について入場者が支払う対価をいい、入場料に二つ以上の区分がある場合には、そのうちの最高の額をいう。
  3. この表に定める時間区分には、実際に利用する時間のほか、その準備及び片付けに要する時間を含むものとする。
  4. 午前から午後等、引き続き利用する場合の使用料の額は、それぞれの使用料の額の合計とする。
(2)時間外使用料

利用時間1時間(1時間未満のときは、1時間として計算)につき、基本使用料の料金表の該当する区分に係る夜間使用料の額の25%に相当する額が必要となります。
※時間外使用における利用時間についても実際に利用する時間のほか、その準備及び片付けに要する時間を含むものとする。ただし、引き続き2日以上に渡って利用する場合において、単に舞台装置等を保管するだけのために利用する22時から翌日9時までの時間は含まない。

(3)もっぱら練習、準備等のために利用する場合の使用料

該当する利用区分に係る基本使用料及び時間外使用料の額の合計額の70%に相当する金額とします。
※使用料に10円未満の端数が生じた場合は、その端数を切り捨てて得た額とする。

5.ホール付属設備使用料一覧
区分 品名 単位 使用料 備考
舞台設備 所作台 一式 5,560 909×3.636 化粧框含む
松羽目(ドロップ) 一式 870 4.545×14.545
竹羽目 一式 1,240 4.545×7.272 上下対
金屏風 一双 1,600 2.424×758×6曲 一対
銀屏風 一双 1,600 2.424×758×6曲 一対
演台(3点セット) 一式 740 2.100×900
司会者台 一台 190 700×500×1.100
楽団用譜面台セット 一式 1,270 20人を超えるものとして徴収対象とする
能舞台 一式 9,270 照明器具含む
音響反射板 一式 3,380 照明器具含む
照明設備 調光装置 一式 2,500 PleasureΣ 3段 100ch 記憶有り
フットライト 一列 650 60W×12灯×9台
ロアホリゾントライト 一列 1,190 300W×8灯×9台
アッパーホリゾントライト 一列 1,190 300W×52灯
ボーダーライト 一列 870 150W×51灯
サスペンションライト 一列 1,090 1KW×20灯
第3サスペンションライト 一列 870 1KW×20灯
フロントサイドライト 一式 1,090 1KW平凸×24灯
第1シーリングライト 一式 1,090 1KW平凸×18灯
第2シーリングライト 一式 870 1.5KW平凸×8灯
スポットライト 一台 430 1.5KW FQ
スポットライト 一台 320 1KW
スポットライト 一台 210 500W
スポットライト 一台 540 650W,ITO 650wS/F
スポットライト 一台 320 500W,パーライト
フォローピンスポットライト 一台 870 1KWハロゲン
センターピンスポットライト 一台 1,090 1KWクセノン
エフェクトスポットライト 一式 870 1KWスパイラルマシーン、ディスクマシーン、波マシーン
音響設備 場内拡声装置セット 一式 2,390 ヤマハM7CL-32・プロセニアムスピーカー・フロントスピーカー
CDレコーダー 一台 320 タスカムSS-CDR1
カセットデッキ 一台 210 タスカム112R、122MK-Ⅲ
CDプレーヤー 一台 320 ビクターXL-Z505
MDレコーダー 一台 360 ソニーMDS-SE11、タスカムMD-350
マルチエフェクター 一式 320 YAMAHA SPX900、SONY R7、SONY D7
舞台袖ミキサー 一式 870 モノラル8ch、ステレオ4ch
3点吊りマイクロフォン 一式 870 コンデンサーマイク2本付き
ワイヤレスマイクロフォン 一本 870 受信装置含む
ダイナミックマイクロフォン 一本 210
コンデンサーマイクロフォン 一本 430
ステージスピーカー 一台 1,230 TOA Z-DRIVE NO.1、EV LF215X・RC940
モニタースピーカーA 一台 510 EV SX300A
モニタースピーカーB 一台 310 EV SX300、BOSE 101MM+MODEL1702
その他の設備 35ミリ映写機 一台 2,610 付属品含む
16ミリ映写機 一台 1,090 付属品含む
35ミリスライド映写機 一台 1,040
DVD・ビデオデッキプロジェクター 一式 1,430 プロジェクター(サンヨーLP-XP57)、DVD、ビデオデッキ
スクリーン 一張 970 4.8m×11.5m
グランドピアノ 一台 6,290 ヤマハCFⅢ
アップライトピアノ(リハーサル室用) 一台 540 ヤマハU30A
持込器具コンセント 1KW当 100 仮設電源共
備考
  1. この表の使用料の額は、午前、午後又は夜間のいずれかの利用につき徴収する額で、午前から午後なたは午後から夜間へ引き続き利用する場合は、この表の使用料の額の2倍に相当する額、全日利用する場合は、この表の使用料の額の3倍に相当する額を徴収します。
  2. ピアノ調律費等付属設備の利用に係る特別の労力を要する費用は、この表の使用料には含みません。
6.ホール施設関係図面
  • □美術館ホール全体平面図[PDF版]
  • □美術館ホール平面図1[PDF版] 平面図2[PDF版]
  • □美術館ホール断面図1[PDF版] 断面図2[PDF版]
  • □観客席[PDF版]
  • □能舞台席[PDF版]
7.ホール備品リスト
ホール備品
照明関係資料
  • □ホール照明資料[PDF版]
  • □照明負荷番号表[PDF版]
  • □照明パッチング表[PDF版]
  • □フロアー回路表[PDF版]

TOP