exhibitions 企画展

終了しました

「日本のわざと美」 -重要無形文化財とそれを支える人々-

2009年10月31日[土] - 2009年11月29日[日]

開催時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)

※11月16日(月)のみ、展示替えのため閉室いたします。

※初日は午前10時からの開展式終了後に開場いたします。

主催:文化庁・高知県教育委員会・高知県立美術館・高知新聞社・RKC高知放送

特別協賛:東京国立近代美術館

協賛:ローソン・富士フイルム 

後援:高知市教育委員会・NHK高知放送局・KCB高知ケーブルテレビ・エフエム高知・高知シティFM放送

平成21年度第59回高知県芸術祭共催行事

観覧料:前売一般650円・一般850(650)円・大学生550(450)円・高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金 ※KoMPal会員(年会費5000円)、年間観覧券所持者(2500円)は無料 ※身体障害者手帳、療育手帳、障害者手帳、戦傷病者手帳及び被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)、高知県及び高知市長寿手帳所持者は無料

内容

「人間国宝」と呼ばれる、優れた技術を持った作家たち「重要無形文化財保持者」をご紹介いたします。工芸技術分野における歴代全ての人間国宝、延べ160人の163作品をはじめ、「重要無形文化財保持団体」14団体の17作品、「選定保存技術」保持者21人と保存団体10団体の関係資料を一堂に展示予定です。

高知県吾川郡いの町在住の濵田幸雄(はまだ さぢお、土佐典具帖紙)や幼少期を高知市で過ごした藤本能道(ふじもと よしみち、色絵磁器)の作品、また、かつて高知市で多様な手漉和紙用具(紗)を製作した山崎鶴亀(やまざき つるき)の製作過程の資料などもご紹介します。

今日まで守り伝えられてきた、陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、手漉和紙、截金(きりかね)、撥鏤(ばちる)など様々な、麗しき、日本工芸の世界をご堪能ください。

なお、会期中、作品保護のため一部作品の展示替えを行います。

PAST exhibitions これまでの企画展

TOP