collection コレクション展

2024:04:10:12:49:10:2024:07:03:00:00:00

高知県立美術館 コレクション・テーマ展 写真の冒険  シカゴの写真家たちを中心に 石元泰博コレクションより
+〈特別上映〉丹下健三「自邸」再現CG

2024年04月10日[水] - 2024年07月03日[水]

会場|高知県立美術館 1階 展示室D

観覧料|一般370円(290円)、大学生260円(200円)、高校生以下無料

※( )内は20名以上の団体料金。年間観覧券所持者は無料。身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳及び被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)、高知県及び高知市長寿手帳所持者は無料。「イッタラ展」(4/146/16)観覧券所持者は無料(当日限り有効)。本展観覧券で他のコレクション展もご覧いただけます。

主催|高知県立美術館(公益財団法人高知県文化財団)

IYPC_logo_C-4.png

概要

当館が誇る「石元泰博コレクション」には、高知ゆかりの写真家・石元泰博の自作のみならず、同時代に活躍した写真家たちの手によるプリントも含まれています。本展では、石元が写真を学び、多大な影響を受けたインスティテュート・オブ・デザイン(通称ニュー・バウハウス)の恩師や学友をはじめとするシカゴの写真家たちや、生前交流のあった国内外の写真家たちの作品を中心に紹介します。

「写真とは、人生と同じく、冒険である。」
—ハリー・キャラハン(写真家/インスティテュート・オブ・デザインでの石元泰博の恩師)

主な出品作家

ラースロー・モホイ=ナジ、ハリー・キャラハン、アーロン・シスキン、ネイサン・ラーナー、マーヴィン・E・ニューマン、ルシアン・クレイグ、エメット・ゴーウィン、チャールズ・スウェッドランド、須田一政、原直久、奥村光也 他(予定)

特別上映 

丹下健三「自邸」再現CG

石元の眼差しにもとづき制作された建築家・丹下健三の「自邸」再現CG映像を上映します。*会期中ループ上映。

制作|TOPPAN株式会社
監修
|豊川斎赫(千葉大学准教授)


トークイベント「丹下健三と石元泰博(仮称)」

丹下健三研究の第一人者である建築史家の豊川斎赫氏に、丹下建築と石元写真の関係や、CG映像の制作秘話などについてお話しいただきます。

日時|5月11日(土)14:00~15:30
会場|1階 講義室 定員30名 予約不要
講師|豊川斎赫(千葉大学准教授)

学芸員によるギャラリートーク 

日時4月27日(土)、6月8日(土)各13:30~ ※要観覧券

石元泰博・コレクション展「きらめき」

ガラスや陶器、漆器等を被写体にした作品を紹介します。

会期|4月14日(土)~6月16日(日)
会場|2階 石元泰博展示室

Z00074.jpg
ネイサン・ラーナー《Eye and Strings》 1939年 ©Kiyoko Lerner

230224_1206_object_4_s.jpg[丹下健三「自邸」再現CG 参考]石元泰博《自邸(丹下健三)》1955年頃 個人蔵 ©高知県,石元泰博フォトセンター

PAST COLLECTION EXHIBITIONS これまでのコレクション展

TOP