NEWS おしらせ

パイロットセミナー2018『地域のアトリエ』のお知らせ #00「筆談会」、#01「OiBokkeShi」

2018年09月22日

高知県立美術館 開館25周年記念 パイロットセミナー2018『地域のアトリエ』 地域で活躍するアーティストと観客、すなわちアートの担い手である両者が、対話を通じてアートの"今"を共に学ぶセミナー「地域のアトリエ」を開催します。演劇やダンス、音楽、映像のほか、ジャンルを越えた表現手法が生まれ、アートに出逢う機会も多様化する昨今、観客は急速に価値観を更新し、アートと社会の接点も変容しています。そんな"今"、高知におけるアートにはどんな可能性があるのでしょうか。そしてアーティストと観客とはどのような関係を結びうるのでしょうか。 このセミナーでは、美術館を「地域のアトリエ(=アートの仕事場)」に置きかえて、高知出身の演劇批評家・藤原ちからをキュレーターに、独自の表現を展開するアーティストをお招きし、地域の担い手とともに、高知での、次世代のアートの可能性を模索していきます。 本セミナーのキックオフ回を#00と位置づけ、当館コレクション展「土陽美術会」の関連企画として、アーティストの住吉山実里による、完全無言、展覧会の観客と筆談だけで「土陽」について対話を試みるパフォーマンス「筆談会」を10月21...

TOP