exhibitions 企画展

只今開催中

岡上淑子コラージュ展
―はるかな旅 Okanoue Toshiko Retrospective Exhibition
A Long Journey

2018年01月20日[土] - 2018年03月25日[日]

会期中無休
9:00~17:00(入場は16:30まで)
*展覧会初日は10:00からの開展式終了後より

観覧料:
一般前売720円/一般当日900円(720円)/大学生600円(480円)/高校生以下無料
※(  )内は20名以上の団体割引料金。
※年間観覧券所持者(2,580円)は無料。身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳及び被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)、高知県及び高知市の長寿手帳所持者は無料。

前売券販売所:
高知県立美術館ミュージアムショップ、高新プレイガイド、高知市文化プラザミュージアムショップ、高知大丸プレイガイド、サニーマート(一部店舗を除く)、高知県庁生協売店、こうち生活協同組合、ホームセンターマルニ・イエローハット(高知県南国店のみ)、アシストファーム・ホームセンターハマート(一部店舗を除く)、金高堂書店、ローソンチケット(Lコード62924)※ローソンチケットのみ高知県外店舗でも販売(12月20日より販売開始)※前売券の販売は1月19日まで(こうち生活協同組合を除く)

主催:
高知県立美術館、高知新聞社、RKC高知放送

後援:
高知県教育委員会、高知市教育委員会、NHK高知放送局、KCB高知ケーブルテレビ、エフエム高知、高知シティFM放送

協力:
The Third Gallery Aya、河出書房新社、Galerie LIBRAIRIE 6

助成:

芸術文化振興基金 芸文振ロゴBlack_a_t.jpg

展覧会チラシ(PDF)
プレスリリース(PDF)

English follows below Japanese.

内容

1928(昭和3)年、高知市生まれの岡上淑子(おかのうえ としこ)は、「幻のコラージュ作家」として、今大きな注目を集めています。

岡上は、主に1950(昭和25)年から1956(昭和31)年にかけてのわずか7年間に、進駐軍が残した洋雑誌を切り抜き、貼り合わせ、約140点の独創的なコラージュ作品を制作しました。これまで誰も見たことのない、夢のような世界を紡ぎ出した岡上作品は、幻想的でありながら現実感に裏打ちされ、優雅で繊細ながら、時に苦悩や死の気配を帯びた不穏な物語を感じさせ、鮮烈な印象を残します。

敗戦後の日本において、美術評論家・瀧口修造によって見いだされ、希有な才能を開花させた岡上でしたが、結婚を機に美術界から姿を消し、1996(平成8)年に「再発見」されるまで、長らくその存在は忘れられたままでした。しかし、2000(平成12)年に72歳で開催された個展以降、「再評価」のスピードは目覚ましいものがあります。高知県立美術館や東京国立近代美術館、東京都写真美術館、栃木県立美術館、ヒューストン美術館、ニューヨーク近代美術館など国内外の美術館が作品を収蔵し、また近年刊行された作品集を通じた出あいからも新たな岡上ファンは増え続けています。

本展は、国内に所蔵されている貴重な岡上作品約110点が一堂に会する初めての回顧展です。オリジナルのコラージュ作品と写真作品に加えて、コラージュをもとに近年制作したシルクスクリーンプリントとプラチナプリントも作家の新たな試みとして併せてご紹介することで、幻の作家の真の姿に迫ります。

コラージュ [collage]:フランス語で糊付け、または貼り絵の意味。異素材を貼りあわせ、画面に造型的な効果を表す美術技法のひとつであり、キュビスム時代のピカソやシュルレアリストのエルンストらが積極的に創作に取り入れた。

岡上淑子 プロフィール

1928年 高知県高知市生まれ。のちに東京に転居
1950年頃 文化学院デザイン科在学中からコラージュ作品の制作を始める
1953年 タケミヤ画廊で個展開催、「抽象と幻想」展(東京国立近代美術館)にも出品
1957年 結婚を機に制作から遠ざかる
1967年 高知市に転居(現在も在住)
2000年 44年ぶりの個展(第一生命南ギャラリー、東京)開催
2002年 米国ヒューストン美術館で個展開催、初作品集(Nazraeli Press)刊行
2015年『はるかな旅 岡上淑子作品集』(河出書房新社)刊行

関連企画

〇記念講演会「岡上淑子の作品世界」

2000年の岡上の個展を企画し、岡上を「再発見」した金子氏に、当時の秘話を交え、岡上の作品の魅力について語っていただきます。

講師:金子隆一 氏(写真史家)
日時:2月18日[日]14:00~15:30
場所:1階 講義室
定員:当日先着50名程度 ※事前予約不要
参加費:無料定員:当日先着50名程度 
お問い合わせ先:高知県立美術館(088-866-8000)

ワークショップ「シュール・コラージュ・ワークショップ」

海外のファッション雑誌を切り抜いて、一風変わったコラージュ作品を作ります。大人編はモノクロ写真、こども編はカラー写真を使って制作します。

講師:山本明子(画家、イラストレーター)
日時:2月24日[土]13:30~15:00(こども編)/2月25日[日]13:30~15:30(大人編)
場所:1階 創作室
定員:各回20名(1月20日から電話にて申込開始)
申込先:高知県立美術館(088-866-8000)
参加費:無料 ※大学生以上は要観覧券

担当学芸員によるギャラリートーク

日時:1月21日、2月11日、3月4・11・18・25日 14:00~

3月18日は英語通訳付き(協力:高知県国際交流員)
3月25日は手話通訳付き(協力:一般社団法人 高知県聴覚障害者協会)
集合場所:岡上淑子展 第一会場前 ※要観覧券

ティーチャーズデー

高知県内の教職員の方を展覧会にご招待します。本展担当学芸員のギャラリートーク付きで本展を鑑賞したのち、学校利用についてのカウンセリングを行います。図工や美術以外の先生でもご参加いただけます。1月18日までに要申込。

日時:1月21日[日]14:00~15:30
集合場所:岡上淑子展 第一会場前

無料託児サービス

ACSA(アクサ)認定ベビーシッター資格もしくは保育士・各種教諭免許を持つベビーシッターによる託児サービスです。ご観覧中、安心してお子様をお預けいただけます。

日時:2月21日[水]~25日[日](全5日)
各日2回(10:00~12:00/13:30~15:30)
場所:1階 講義室
定員:各回10名(入替制)
料金:無料 ※要観覧券
申込方法:電話で仮予約の上、申込書を2月7日までにお送りください。
シッター提供:NPO法人ムッターシューレ

岡上淑子の全作品を掲載した決定版作品集、
刊行!

コラージュ128点、写真作品22点を完全収録。年譜、参考文献など資料も充実。

『岡上淑子全作品』
体裁:B5判・上製・192ページ
予価:本体5,000円+税
刊行:2018年1月
お問い合わせ先:当館ミュージアムショップ[Tel: 088-866-7653]

『岡上淑子全作品』書影帯アリ.jpg



Okanoue Toshiko Retrospective Exhibition
- A Long Journey

January 20 – March 25, 2018
Open daily
9:00 – 17:00 (last entry 16:30)
*On the first opening day of the exhibition, the exhibition will open from the end of the opening ceremony which starts from 10:00.

Admission fee:
Advance ticket 750JPY/ Adults 900(720) JPY / University Students 600 (480)JPY / free admission for high school students and under.
*Groups of 20 people or over can receive a group discount. See prices in parentheses.
*Free entry available for annual membership (2,580JPY) holders. Free admission is available for owners of physical disability certificates, rehabilitation certificates, mental disability certificates, wounded veteran certificates, or atomic bomb survivor certificates, plus one companion, as well as for Kochi Prefectural or Kochi City registered senior citizens.

Organizers:
Museum of Art, Kochi, The Kochi Shimbun, RKC Kochi Broadcasting

Endorsement:
Kochi Prefectural Board of Education, Kochi Municipal Board of Education, NHK Kochi Broadcasting, KCB Kochi Cable TV, FM Kochi, Kochi City FM

Cooperation:
The Third Gallery Aya, Kawade Shobo Shinsha, Galerie LIBRAIRIE 6

Support:
Japan Arts Fund


Contents

Born in 1928 in Kochi City, Okanoue Toshiko is currently receiving much attention as an "artist of surreal collages".

Between the short span of 7 years- mostly from 1950 to 1956 - Okanoue made approximately 140 original collages by cutting up foreign magazines left by the occupying forces, and pasting them together. Okanoue’s works spun a dream-like world that had not been seen until then and her works leave a striking impression; while they are surreal they are supported with a sense of reality, and alongside being both elegant and delicate, make you sense a story of turbulence that is tinged with signs of the suffering and death of that time.

After Japan was defeated in the war, Okanoue was discovered by fine art critic Takiguchi Shuzo enabling her rare talent to blossom. However, after marriage she disappeared from the world of art, and her existence remained forgotten for a long time until she was “rediscovered” in 1996. However, after holding a private exhibition in 2000 at the age of 72, the speed of her reevaluation was astonishing. Many art galleries, both in Japan and abroad collected her works, including Museum of Art, Kochi, The National Museum of Modern Art Tokyo, Tokyo Photographic Arts Museum, Tochigi Prefectural Museum of Fine Arts, The Museum of Fine Arts, Houston and The Museum of Modern Art, New York. Furthermore, new fans of Okanoue continue to grow due to encounters with her work through publications of her collections in recent years.

This exhibition is the first time that around 110 valuable works of hers that are held around the country have been assembled altogether in a retrospective exhibition. As a new experiment by the artist, in addition to her original collages and photographic works, the exhibition will also combine and introduce silk screen prints and platinum prints based on her collages, which have been made in recent years and draw near to the true form of the surrealist artist.

Okanoue Toshiko Profile

1928 Born in Kochi City, Kochi Prefecture, she later moved to Tokyo.

(Approx.) 1950 While studying in the design department at Bunka Gakuin she started making collages.

1953 Individual exhibition held at Takemiya Gallery, and her work was also included in the exhibition “Abstraction and Surrealism” (The National Museum of Modern Art, Tokyo).

1957 After marrying she became removed from the art world.

1967 Moved residence to Kochi City (where she currently resides)

2000 Held first individual exhibition in 44 years (Dai-ichi Life South Gallery)

2002 Held an individual exhibited in The Museum of Fine Arts, Houston, USA, and her first collection of works were published (Nazraeli Press).

2015 A long journey The Works of Toshiko Okanoue” was published (Kawade Shobo Shinsha)

Related Projects *Japanese only

Commemorative Lecture
“The world of Okanoue Toshiko’s works”

Lecturer: Kaneko Ryuichi (photographic historian)
Date/Time: (Sun) February 18, 14:00 – 15:30
Mr. Kaneko, “rediscovered” Okanoue when he made arrangements for her individual exhibition in 2000. He will talk about the attraction of Okanoue’s works, including unheard stories from that time.
Place: 1st floor lecture room
Participants: 50 participants, first-come-first-serve basis on the day (reservation is not necessary)
Admission fee: Free
For enquiries and booking: Museum of Art, Kochi (088-866-8000)

Gallery Talk from the Museum Curator

Date/Time: Jan 21, Feb 11, March 4, 11, 18, 25 14:00 –
March 18 will include English interpretation (Kochi Prefecture CIR)
March 25 will include sign language interpretation (Kochi Prefectural Association for the Hearing Impaired)
Meeting Place: Okanoue Toshiko Exhibition, in front of the first exhibition room*exhibition ticket required

The definitive edition collection containing the complete works of Okanoue Toshiko, published!

A complete compilation featuring 128 collages and 22 photographs. This also includes plenty of information such as chronological records and references.

The Complete Works of Okanoue Toshiko
Layout: B5 size, hardback, 192 pages.
Expected price: 5000JPY, plus tax.
Publication: January, 2018
Enquiries: Kawade Shobo Shinsha [sales department]
(03-3404-1201)

110_招待.jpg《招待》1955年 紙、コラージュ © Okanoue Toshiko, Invitation


103 _はるかな旅.jpgのサムネイル画像
《はるかな旅》1953年 紙、コラージュ © Okanoue Toshiko, A Long Journey


062_天使の巣.jpg《天使の巣》1952年 紙、コラージュ © Okanoue Toshiko, The Nest of Angels


102_夜の家族.jpg《夜の家族》1955年 紙、コラージュ © Okanoue Toshiko, Family at Night


030_予感.jpg《予感》1952年 紙、コラージュ © Okanoue Toshiko, Premonition


040_陽気なリズム.jpg
《陽気なリズム》1952年 紙、コラージュ © Okanoue Toshiko, The Dance of the Table


003_轍.jpg
《轍》1951年 紙、コラージュ © Okanoue Toshiko, A Rut

PAST exhibitions これまでの企画展

TOP