exhibitions 企画展

終了しました

ポップ・アート 1960's→2000's

2010年12月19日[日] - 2011年03月27日[日]

開催時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)

※休館日:2010年12月27日~2011年1月1日

主催:高知県立美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会、KSSさんさんテレビ

後援:高知県教育委員会、高知市教育委員会、NHK高知放送局、KCB高知ケーブルテレビ、エフエム高知、高知シティFM放送

協賛:ライオン、清水建設、大日本印刷

特別協力:株式会社ミスミグループ本社

観覧料:前売一般円・650円・一般850(650)円 ・大学生550(450)円高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金 ※KoMPal会員(年会費5000円)、年間観覧券所持者(2500円)は無料 ※身体障害者手帳、療育手帳、障害者手帳、戦傷病者手帳及び被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)、高知県及び高知市長寿手帳所持者は無料

内容

「ポピュラー・アート(大衆の芸術)」という言葉をルーツとするポップ・アートは、広告や漫画など、身近にあるイメージを作品の中に取り入れた美術で、1960年代にアメリカで開花し、瞬く間に世界中に展開していきました。半世紀たった現代に至るまで、ポップ・アートはさまざまな変容を繰り返しながら制作されています。近年ではコンピューターグラフィックスや印刷の最新技術などが駆使され、再び注目を集めています。 この展覧会は、優れた企業コレクションとして知られるミスミコレクションから、1960年代のポップ・スターであるリキテンスタイン、ウォーホル、80年代に世界中のアイドルとなったヘリング、そして現在活躍中のムニーズ、カポス、ラシャペルなど、100点の名品を精選したものです。 「ポップ」をキーワードに、現代のアートシーンをなおもリードし続けるアメリカ美術の一断面を紹介いたします。

PAST exhibitions これまでの企画展

TOP