exhibitions 企画展

終了しました

草間彌生
永遠の永遠の永遠

2013年11月02日[土] - 2014年01月13日[月]

開催時間:午前9時から午後5時(入場は午後4時30分まで)

主催:高知県立美術館、KUTVテレビ高知、朝日新聞社

後援:高知県教育委員会、高知市教育委員会、NHK高知放送局、 KCB高知ケーブルテレビ、エフエム高知、高知シティFM放送

協賛:岡村印刷工業

協力:草間彌生スタジオ、JR四国

観覧料:一般前売800円 一般当日1000円(800円)、大学生当日700円(560円) 高校生以下無料 ※(  )内は、20名以上の団体割引料金/年間観覧券所持者(2,500円)は無料 ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳及び被爆 者手帳所持者とその介護者(1名)、高知県及び高知市の長寿手帳所持者は無料。

内容

世界的な現代美術家として活躍する草間彌生の、最新の創作活動を紹介します。半世紀以上にわたって水玉や網目の作品を作り続けてきた草間は、近年さらに驚異的な創作意欲を傾け、新たな絵画作品のシリーズを生み出しています。2004年からの3年間で制作された『愛はとこしえ』と、2009年から現在もなお続く『わが永遠の魂』の連作です。

『愛はとこしえ』は、無限に湧き出る連鎖的なイメージを、魔法のような筆使いで描き出した白黒のシリーズです。一方で『わが永遠の魂』は、自由奔放なイメージと鮮烈な色彩で無限の宇宙を感じさせる、これまでに見たこともない作品群となっています。

さらに、この展覧会で初公開となる《大いなる巨大な南瓜》などの巨大彫刻や、LEDの光が天井と壁に反射して無限の空間へと増殖するインスタレーション《魂の灯》によって、ジャンルを超えた芸術世界を体感いただけます。いつまでも進化し続ける最先端の挑戦を、ぜひ目撃してください。

PAST exhibitions これまでの企画展

TOP