exhibitions 企画展

終了しました

横尾忠則展・絵人百九面相 TADANORI YOKOO 109-FACED PAINTER

2011年07月17日[日] - 2011年09月25日[日]

開催時間:9:00-17:00

主催:高知県立美術館、KSSさんさんテレビ

後援:高知県教育委員会、高知市教育委員会、高知新聞社、NHK高知放送局、 KCB高知ケーブルテレビ、エフエム高知、
協力:大塚オーミ陶業株式会社、岡村印刷工業株式会社

さんさんTV開局15周年記念事業

観覧料:観覧料:一般前売650円/一般850(650)円/大学生550(450)円/高校生以下無料

*( )内は20名様以上の団体料金 *年間観覧券(2500円)所持者は無料 *身体障害者手帳、療育手帳、障害者手帳、戦傷病者手帳及び被爆者健康手帳所持者と その介護者(1名)、高知県及び高知市長寿手帳所持者は無料

内容

60年代の独創的なグラフィック・デザインにはじまり、80年代以降の画家としての縦横無尽な活動を経て、今なお精力的に活躍を続ける横尾忠則(1936-)の個展を開催します。滝やY字路そして温泉を描いた代表作はもちろんのこと、コラージュやセラミックを用いた作品、未発表作や最新作も展示される本展は、この唯一無比の表現者の多彩な「顔」を知る絶好の機会となるでしょう。

PAST exhibitions これまでの企画展

TOP