exhibitions 企画展

終了しました

蜷川実花展
―地上の花、天上の色―

2009年12月06日[日] - 2010年03月07日[日]

開催時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)

※ 休館日:12月27日(日)~1月1日(金)

※ 初日12月6日(日)は午前10時からの開展式終了後に開場します。

主催:高知県立美術館、朝日新聞社、KSSさんさんテレビ

後援:高知県教育委員会、高知市教育委員会、NHK高知放送局、KCB高知ケーブルテレビ、エフエム高知、 高知シティFM放送

協賛: キャノン株式会社、富士フイルム株式会社

協力: 富士フイルムイメージテック株式会社

企画協力: Lucky Star Co., Ltd. Tomio Koyama Gallery Inc.

観覧料:前売一般650円・一般850(650)円・大学生550(450)円・高校生以下無料 

※( )内は20名以上の団体料金 ※KoMPal会員(年会費5000円)、年間観覧券所持者(2500円)は無料 ※身体障害者手帳、療育手帳、障害者手帳、戦傷病者手帳及び被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)、高知県及び高知市長寿手帳所持者は無料

内容

芳醇な色彩美と、尖った男女の旬な生き様を捉える若々しい目線―。

「好きなものは自由に撮る」という一貫した姿勢で、日々膨大な作品を撮り続けている蜷川実花(にながわみか)の表現世界は、一度見れば忘れることのできない強烈な印象を私たちにもたらします。

蜷川実花は1995年のデビュー以来、ファッション、映画、広告など多岐にわたる表現活動で絶大な人気を集め、現在若い世代を中心に強い影響力を持つアーティストのひとりとして幅広く活躍しています。美術評論家・松井みどり氏によって“地上の花、天上の色”と評された、極彩色に輝き揺らぐ「蜷川ワールド」の美しい作品の数々をぜひご堪能いただきたいと思います。

PAST exhibitions これまでの企画展

TOP