exhibitions 企画展

終了しました

明治・大正・昭和の美術 国立美術館巡回展 名作と出会う Encounters with Masterpieces Art of the Meiji, Taisho and Showa Eras from the Collection of the National Museum of Art

2008年12月21日[日] - 2009年03月01日[日]

開催時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)

主催:独立行政法人国立美術館東京国立近代美術館・高知県立美術館・高知県教育委員会

後援:高知市教育委員会・高知新聞社・RKC高知放送・KUTVテレビ高知・KSSさんさんテレビ・NHK高知放送局・KCB高知ケーブルテレビ・エフエム高知・高知シティFM放送

観覧料:一般前売650円・一般850円(650円)・大学生550円(450円)・高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金 ※KoMPal会員(年会費5000円)、年間観覧券所持者(2500円)は無料 ※身体障害者手帳、療育手帳、障害者手帳、戦傷病者手帳及び被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)、高知県及び高知市長寿手帳所持者は無料

内容

東京国立近代美術館及び京都国立近代美術館が所蔵する、日本の誇る美術作家たちの作品による展覧会を開催いたします。

 明治・大正・昭和の日本洋画の流れを、青木繁、黒田清輝、藤島武二、和田三造、梅原龍三郎、岸田劉生、安井曽太郎、萬鉄五郎、藤田嗣治、岡本太郎、草間彌生ら、日本の近現代美術史を彩る代表的な美術作家たち50名の油彩画57点によりご紹介します。

PAST exhibitions これまでの企画展

TOP