exhibitions 展覧会

2020:11:03:13:40:28:2021:01:03:00:00:00

隈研吾展 新しい公共性をつくるためのネコの5原則

2020年11月03日[火] - 2021年01月03日[日]

観覧料:一般 1,300 円(1,100 円)、高校生・大学生 800 円(600 円) 、小学生・中学生500円(300円)
※()内は前売り及び20名以上の団体割引料金。※未就学児童は無料。※年間観覧券所持者は当日料金の半額。※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、及び被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)、高知県及び高知市の長寿手帳所持者は1,000円。※第3展示室のみ無料でご覧になれます。
 

前売券発売所前売券販売期間:ローソンチケット以外は10月中旬頃~11月2日まで)
高知県立美術館ミュージアムショップ、高新プレイガイド、高知市文化プラザミュージアムショップ、サニーマート(毎日屋、一部店舗を除く)、高知県庁生協売店、金高堂書店本店、TSUTAYA(蔦屋書店除く)、ローソンチケット(Lコード61965 ※10月8日から販売開始) ※ローソンチケットのみ高知県外店舗でも販売しています。

★本展はチケットの購入とは別に、ウェブでの日時指定予約をお願いしております(混雑時は予約者の入場が優先されます)。
チケット予約サイトはこちら(10月17日(土)9:00から受付開始)〈電話予約不可〉

主催:隈研吾展高知実行委員会、東京国立近代美術館、文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会

後援:高知県、高知市、高知県教育委員会、高知市教育委員会、高知新聞社、KCB 高知ケーブルテレビ、エフエム高知、高知シティ FM


展覧会特別ウェブサイト:https://www.kutv.co.jp/kumakengoten/

内容

東京オリンピック・パラリンピック2020のメイン会場に予定される《国立競技場》の設計に参画するなど、現代日本を代表する建築家のひとり、隈研吾(1954-)の大規模な個展を開催します。

その土地の環境や文化に溶け込むように設計される彼の建築には、自ずと多くの人が訪れ時を過ごすことになります。2018年にスコットランドに開館した《V&Aダンディー》は、米TIME誌により「2019年、世界で訪れるべき最も素晴らしい場所100選」のひとつに選ばれました。

本展は隈建築の中から公共性の高いものを中心に30件を選び、全点に隈自身による作品解説をつけて紹介します。公共性といっても、新築の庁舎のような大きな公共建築だけでなく、リノベーションによる居酒屋のような小さな建築も含んでいるのがポイントです。それらが「孔」「粒子」「ななめ」「やわらかい」「時間」という隈が考える5原則によって分類された上で、模型や写真やモックアップによって紹介されます。また、瀧本幹也、藤井光、津田道子、マクローリン兄弟など第一線で活躍するアーティストに映像作品をコミッションし、隈建築を、造形性だけでなく、どのように使われているか、いかに街と関係を結んでいるかといった観点から見ていただく空間を用意しました。内部空間をリアルに体感できる360VRもあります。

さらに、ネコの視点から都市を見直すリサーチプロジェクト《東京計画2020 ネコちゃん建築の5656原則》も発表されます。今の時代、都市についてなにかを提案するとしたら高度経済成長期のように都市を上から見るのではなくて下から見るべきである、そう考えた隈が着目したのは、なんと動物のネコでした。本展では、Takramとの協働により神楽坂でのフィールドワークやGPS測定を実施し、そのリサーチの成果を、3DCGやプロジェクションマッピングを用いて展示いたします。

コロナ禍というきわめて難しい時代の中で開催される本展が、新しい公共性や未来の都市のあり方について考える機会となれば幸いです。

隈研吾(くま けんご) プロフィール

1954年生。東京大学建築学科大学院修了。コロンビア大学客員研究員を経て、1990年隈研吾建築都市設計事務所設立。2009年より20203月まで東京大学教授。20204月より東京大学特別教授。1964年東京オリンピック時に見た丹下健三の国立屋内総合競技場に衝撃を受け、幼少期より建築家を目指す。その土地の環境、文化に溶け込む建築を目指し、ヒューマンスケールのやさしく、やわらかなデザインを提案。また、コンクリートや鉄に代わる新しい素材の探求を通じて、工業化社会の後の建築のあり方を追求している。これまで20か国を超す国々で建築を設計し、日本建築学会賞、毎日芸術賞、芸術選奨文部科学大臣賞 、国際木の建築賞(フィンランド)、国際石の建築賞(イタリア)等、受賞多数。

●開展式観覧者募集 
抽選で50名の方を招待いたします。往復はがきでお申込ください。
くわしい応募方法はこちら(応募締切:10月23日(金)必着)
日時:11月3日(火・祝)10:00~(9:30開場)
場所:高知県立美術館ホール

繧ウ繝ウ繝上y繝シ繝域ク・18_1.jpg雲の上の図書館 / YURURIゆすはら 2018 (C)Kawasumi・Kobayashi Kenji Photograph Office

繧ウ繝ウ繝上y繝シ繝域ク・4_1.jpgアオーレ長岡 2012 (C)by FUJITSUKA Mitsumasa

繧ウ繝ウ繝上y繝シ繝域ク・9_1.jpgV&Aダンディー(英国)2018 (C)Hufton+Crow

繧ウ繝ウ繝上y繝シ繝域ク・51_2_IMG_2469.jpgオドゥンパザル近代美術館(トルコ)2019 (C)Erieta Attali

PAST exhibitions これまでの展覧会

TOP