exhibitions 展覧会

2022:01:29:09:00:00:2022:03:21:00:00:00

コレクター福富太郎の眼 昭和のキャバレー王が愛した絵画

2022年01月29日[土] - 2022年03月21日[月]

開館時間:9:00~17:00(入場は16:30まで)

観覧料:一般前売960円、一般当日1,200円(960円)、大学生850円(680円)、高校生以下無料
※前売券販売所(1月28日(金)まで)=ローソンチケット【Lコード:62879】
※( )内は20名以上の団体料金。※年間観覧券所持者は無料。※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳及び被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)、高知県及び高知市長寿手帳所持者は無料。

主催:高知県立美術館、KSSさんさんテレビ

特別協力:福富太郎コレクション資料室

企画協力:アートワン

後援:高知県教育委員会、高知市教育委員会、高知新聞社、NHK高知放送局、KCB高知ケーブルテレビ、エフエム高知、高知シティFM放送

内容

昭和の「キャバレー王」として知られた福富太郎(ふくとみ・たろう/1931-2018)は、戦後の高度経済成長とともに全国にキャバレーを展開し、実業家として成功をおさめました。また、テレビやラジオ番組に出演し、その軽妙でユーモアあふれる語り口が人気を博し、キャバレー太郎の異名をとりました。

その一方で福富は、旺盛な探求心に従って、美人画や黎明期の洋画をはじめとする近代日本絵画、戦争画などの美術品を長年蒐集し、他のコレクターとは一線を画する「福富太郎コレクション」を築きました。

本展では、福富の絵画蒐集のきっかけとなった日本画家・鏑木清方(かぶらき・きよかた)の作品を含む日本東西の美人画をはじめ、黎明期の洋画、戦前の風景画、戦時下の人々を描いた作品など、福富太郎が愛した個性的かつ多彩な絵画コレクションをお楽しみいただけます。生前の福富と親交を深めた美術史家・山下裕二氏の監修により、コレクターの審美眼に焦点を当てながら本コレクションの全貌を通覧できる初の展覧会です。

作家プロフィール

福富太郎(ふくとみ・たろう)

本名・中村勇志智(なかむら・ゆうしち)。東京の品川区に生まれる。16歳で銀座のキャバレーのボーイとなり、32歳で巨大キャバレー「ハリウッド」をオープン、「健全娯楽」をモットーに全国に44店舗を展開、テレビのコメンテーターとしてもお茶の間で親しまれた。コレクターとしては、浮世絵をはじめ、河鍋暁斎、鏑木清方らの日本画、さらには洋画にも対象を広げ、11点の作品を自身の審美眼に基づいて蒐集した。

関連イベント

開展記念イベント&記念講演会「戦後最高のコレクター・福富太郎さんと私」

講師:山下裕二氏(本展監修者/美術史家・明治学院大学教授)
日時:2022年1月29日(土)10:15~12:00
※冒頭に開展記念セレモニーを行います
場所:高知県立美術館ホール
申込方法:1月24日(月)までにお電話(088-866-8000)にてお申し込みください。

サタデー・レクチャー「福富太郎の眼」展の見どころ

講師:中谷有里(当館学芸員) 
日時:20222月26日(土)14:00~15:30
場所:1階 講義室
定員:30名程度(申込不要、先着順)

[期間限定]高校生による音声ガイド

耳で展覧会を楽しめる音声解説を地元の高校生たちのナレーションでお届けします。
読み手:高知中央高等学校放送部
期間:2022219()321日(月・祝)
※音声ガイドアプリ「ポケット学芸員」をダウンロードの上、ご利用ください。

ティーチャーズ・ウィーク
期間中、高知県内の教職員の方(図工や美術以外も含む)は本展およびコレクション展を無料でご観覧いただけます。希望者には学校での美術館利用についてのご相談も受け付けています。
期間:2月7日(月)~13日(日)
申込方法:2月6日(日)までにお電話(088-866-8000)にてお申し込みください。

※新型コロナウィルス感染症対策実施中のため、上記は変更となる場合がございます。最新情報は高知県立美術館Webサイトをご確認ください。

FTC_063.jpg
岡田三郎助《ダイヤモンドの女》1908年

FTC_030.jpg
竹久夢二《かごめかごめ》1912年

FTC_047_SL.jpg
高橋由一《小幡耳休之肖像》1872年

FTC_066.jpg
石川寅治《高知城を望む》1911年

PAST exhibitions これまでの展覧会

TOP