exhibitions 企画展

今後の展覧会

開館25周年記念 ニュー・ペインティングの時代

2019年01月19日[土] - 2019年03月24日[日]

9:00~17:00(入場は16:30まで)

観覧料:一般当日 500 円(400円)、大学生当日 350 円(280円)、高校生以下無料
※(  )内は20名以上の団体割引料金。
※前売り券は販売しません。
※年間観覧券所持者(2,580円)は無料。身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳及び被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)、高知県及び高知市の長寿手帳所持者は無料。

主催:高知県立美術館

後援:高知県教育委員会、高知市教育委員会、高知新聞社、RKC高知放送、KUTVテレビ高知、KSSさんさんテレビ、NHK 高知放送局、KCB 高知ケーブルテレビ、エフエム高知、高知シティFM放送

歴史、神話、エロス・・・体感する80年代

内容

1980年代に世界のアート・シーンを席巻し、今なお若いクリエーターたちを熱くさせる「ニュー・ペインティング」の作家たちの作品を当館コレクションよりご紹介します。1880年代初頭、世界同時多発的に発生したアート・ムーブメントである新表現主義は70年代に主流だったミニマル・アートやコンセプチュアル・アートに反発して具象絵画を中心に寓意を多用しながら暴力、死、性、夢、歴史、神話などのイメージを大画面に描き出しました。

多くの作品は巨大で、まとめて展示する機会の少ない「新表現主義」の作品を一挙に展示します。世界的にも評価が高く、人気のあるバスキアやキーファー、リヒター、バゼリッツ、クレメンテ他の刺激的な大作をたっぷりお楽しみください。

関連イベント

〇記念講演会
「具象絵画の新しい着地点を求めて
―ニュー・ペインティングの作家たち」
美術批評家、コレクターとして作家やギャラリストとつきあってきた馬場氏が見たアート・シーンを80年代を中心に語っていただきます。

講師:馬場駿吉氏(愛知県立芸術大学客員教授/美術批評家)
日時:2月9日(土)14:00~15:30
会場:1階 講義室
定員:先着50名 ※聴講無料、事前申込不要

〇関連映画上映会
「バスキア、10代最後のとき」
展覧会出品作家のひとり、わずか27歳で夭折したアメリカ人アーティスト、バスキアの最新ドキュメンタリー。

監督:サラ・ドライバー/2017年/79分/BD/アメリカ
日時:2月15日(金)
  ①10:30~ ②13:30~ ③19:30~(開場は各回の30分前)
場所:高知県立美術館ホール
入場券:1,000円 ※展覧会半券をお持ちの方は500円に割引

〇〈期間限定〉高校生が読む音声ガイド
展覧会を鑑賞した高校生が作品解説ナレーションに挑戦!鑑賞ツールとしてぜひご利用ください(無料)。

協力:高知中央高等学校
利用期間:3月1日(金)~3月24日(日)

担当学芸員によるギャラリー・トーク

日時:1月20日、2月10・24日、3月10・17・24日 すべて日曜日
時間:14:00~
集合場所:2階第1会場入り口(要観覧券)
料金:無料

〇3月10日は手話通訳付き
(手話通訳協力:一般社団法人 高知県聴覚障害者協会)

〇3月17日は英語通訳付き(英語通訳:高知県国際交流員)
Curator's talk with English translation
Date: Sunday, March 17 2:00 pm-
Venue:Entrance to the 1st Exhibition Room of The Age of New Painting
Free with museum admission; reservations are not necessary.

ティーチャーズ・デー

高知県内の教職員の方を無料で展覧会にご招待します。本展担当学芸員のギャラリー・トーク付きで本展を鑑賞したのち、学校利用についてのカウンセリングを行います。図工や美術以外の先生でもご参加いただけます。

日時:2月24日(日)14:00~
申込方法:前日までにお電話(088-866-8000)にてお申込ください。

無料託児サービス

ACSA(アクサ)認定のベビーシッター資格もしくは保育士・各種教諭免許を持つベビーシッターによる託児サービスです。ご観覧中、安心してお子様をお預けいただけます。

日時:2月13日(水)-17日(日)(全5日)
  各日2回(10:00~12:00/13:30~15:30)
定員:各回10名(入替制)
料金:無料(要当日観覧券)
場所:1階 講義室
申込方法:お電話(088-866-8000)で仮予約の上、申込書を2月6日(水)までにお送りください。
シッター提供:ムッターシューレ

15d497385271df40908344606eb364c505a9d2b5.JPG

ジャン=ミシェル・バスキア《フーイー》1982年、カンヴァスにミクストメディア、コラージュ
©The Estate of Jean-Michel Basquiat/ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2018 C2552

bdb358536d194e662ca57779ddaf2ec394f196ef.jpg

ジュリアン・シュナーベル《無題(ローラ)》1987年、板に油彩、皿
2018 Julian Schnabel/ ARS, New York/JASPAR, Tokyo C2552

1660-001.jpg

キース・へリング《無題(KH.200)》1982年、ビニルシートに樹脂ペイント
©Keith Haring Foundation

dc561e241bc0d928cf42ab5bea1e1b547c3ce2ec.JPG

ゲルハルト・リヒター《ステイション》(577-1) 1985年、カンヴァスに油彩 
©Gerhard Richter

PAST exhibitions これまでの企画展

TOP