exhibitions 企画展

次回展覧会

開館25周年記念 横浜美術館コレクション 王様の美術館 フランス近代美術とシュルレアリスムの精華

2018年06月23日[土] - 2018年09月24日[月]

会期中無休
9:00~17:00(入場は16:30まで)
*展覧会初日は10:00からの開展式終了後より

観覧料:
一般前売880円/一般1,100円(880円)/大学生800円(640円)/高校生以下無料
※(  )内は20名以上の団体割引料金。
※年間観覧券所持者(2,580円)は無料。身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳及び被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)、高知県及び高知市の長寿手帳所持者は無料。

前売券販売所:
高知県立美術館ミュージアムショップ、高新プレイガイド、高知市文化プラザミュージアムショップ、高知大丸プレイガイド、サニーマート(毎日屋、一部店舗を除く)、高知県庁生協売店、こうち生活協同組合、ホームセンターマルニ・イエローハット(高知県南国店のみ)、アシストファーム・ホームセンターハマート(一部店舗を除く)、金高堂書店、ローソンチケット(Lコード63050)※ローソンチケットのみ高知県外店舗でも販売 ※前売券の販売は6月22日まで

主催:
高知県立美術館、横浜美術館、読売新聞社、KUTVテレビ高知

後援:
高知県教育委員会、高知市教育委員会、NHK高知放送局、KCB高知ケーブルテレビ、エフエム高知、高知シティFM放送

展覧会チラシ.pdf

English follows below Japanese.

内容

横浜美術館は、1989年の開館以来、わが国を代表する美術館のひとつとして活動してきました。国際的な港町、横浜にふさわしい美術館として、1859年の開港以降の近・現代美術を中心に幅広く収集・展示してきたことでも知られています。

その中でも、フランス近代美術はとりわけ充実したものになっています。そして、その中核を占めるのがシュルレアリスム(超現実主義)のコレクションです。1920年代に始まった夢想的・幻影的なこの美術運動は世界的な拡がりを見せ、20世紀最大の潮流となりました。この時期に渡仏していた川口軌外や福沢一郎らによって日本にも紹介され、同時代の画家たちに多大な影響力を与えています。今回はダリ、マグリット、デルヴォー、エルンストら、シュルレアリスムを代表する巨匠たちの名品が一堂に会します。

また写真のコレクションは、横浜が日本における写真発祥の地のひとつであることから、ナダール、ラルティーグ、ケルテスら、近代写真史を彩る巨匠たちの代表作が収蔵されています。パリの見慣れた街角が、名だたる写真家たちの手によって謎めいた風景に変貌する。今回は写真のシュルレアリスムも存分にご堪能いただけます。

展覧会名の「王様の美術館」は、出品されるマグリットの謎めいた絵画作品の題名でもあります。マグリットの《王様の美術館》は、観る者を別世界へと誘う神秘的な作品ですが、これに与えられた題名は、まさに「謎」です。しかし、この不思議なタイトルとイメージの組み合わせが醸し出す深みと彩りは、今回の展覧会を象徴しています。

王様のように優雅に、美の永遠の謎に身をゆだねてみませんか。


★横浜美術館のウェブサイトはこちら

関連企画

記念座談会
展覧会の開催を記念し、横浜美術館の館長・逢坂恵理子さんと、当館の館長・藤田直義がこれからの美術館について語りあいます。

日時:6月23日〈土〉11:00-
集合場所:1階講義室
※先着50名様、聴講は無料です。

記念レクチャー
「最後の玉座から王様の美術館まで―横浜美術館西洋画コレクションの魅力」

講師:横浜美術館 主任学芸員 中村尚明氏
日時:8月19日〈日〉14:00-
会場:1階講義室
※先着50名様、聴講は無料です。

担当学芸員によるギャラリー・トーク

日時:6/24、7/8・22、8/5・12・26、9/9・23 
   14:00- ※すべて日曜日
集合場所:2階第2展示室会場入口
料金:無料(要当日観覧券)

〇8月26日は英語通訳付きミニトーク

〇9月9日は手話通訳付きミニトーク
協力:一般社団法人 高知県聴覚障害者協会

ティーチャーズ・デー

高知県内の教職員の方を展覧会に無料でご招待します。本展担当学芸員のギャラリー・トーク付きで本展を鑑賞したのち、学校利用についてのカウンセリングを行います。図工や美術以外の先生でもご参加いただけます。

日時:8月5日〈日〉14:00-
申込方法:前日までにお電話(088-866-8000)にてお申込ください。

無料託児サービス

ACSA(アクサ)認定ベビーシッター資格もしくは保育士・各種教諭免許を持つベビーシッターによる託児サービスです。ご観覧中、安心してお子様をお預けいただけます。

日時:9月14日〈金〉- 17日〈月・祝〉(全4日)

各日2回(10:00-12:00/13:30-15:30)
定員:各回10名(入替制)
料金:無料(要当日観覧券)
場所:1階 講義室
申込方法:お電話に(088-866-8000)でお問い合わせの上、申込書を9月7日〈金〉までにお送りください。
シッター提供:NPO法人ムッターシューレ

THE KING’S MUSEUM
French Modern Art & Surrealism
from the Collection of Yokohama Museum of Art

23rd June 2018 (Sat) - 24th September 2018 (Monday - Public Holiday)
09:00-17:00 (last entry - 16:30)
*The exhibition on the first day starts after the opening ceremony that is scheduled at 10:00.

Organizers:
The Museum of Art, Kochi; Yokohama Museum of Art; The Yomiuri Shimbun; TV Kochi Broadcasting

Sponsors:
Kochi Prefectural Board of Education; Kochi Municipal Board of Education; NHK Kochi Broadcasting; KCB Kochi Cable TV; FM Kochi; Kochi City FM

Admission fee:
Adults - JPY 1100 (Advanced Tickets JPY 880), University Students - JPY 800 (JPY 640), High School Students and Below - Free

Contents

Since its inauguration in 1989, the Yokohama Museum of Art has operated as one of our country's representative art museums. An art museum befitting of the international seaport city of Yokohama it is situated in, the museum is known for collecting and displaying at its core a wide range of modern and contemporary art from after the opening of the port in 1859.

Making up a notably extensive portion of these are the French contemporary art pieces, and at its core, a collection of surrealist artworks. This artistic movement that focuses on the dreamy and illusionary, began in the 1920s and spread throughout the world, becoming the largest trend of the 20th century. This movement was also introduced to Japan by Kawaguchi Kigai and Fukuzawa Ichiro, who had gone to France during this period, and greatly influenced their contemporaries. In this exhibition, you will be able to see masterpieces by some of the biggest names in surrealist, including Dalí, Magritte, Delvaux, Ernst, all under one roof.

In addition, the photograph collection here in Yokohama, one of Japan's cradles of photography, contains representative works by master photographers such as Nadar, Lartigue, Kertész that showcase the history of photography. In the hands of these famous photographers, familiar street corners of Paris are transformed into sceneries filled with mystery. Visitors can fully immerse themselves in surrealism of photography with this exhibition.

This art exhibition borrows its name, "The King's Museum", from one of the pieces on display: an enigmatic work by Magritte. Magritte's "The King's Museum" is a mysterious work that seduces its viewers into another world, but there is no greater mystery than its title. Nevertheless, it is the depth and color, created by the unique juxtaposition of an unfathomable title and the painting itself, making it the symbol of this exhibition.

Won't you surrender yourself gracefully to the eternal mystery of beauty, just like a king?


Related Events

● Commemorative Talk in Japanese
In order to commemorate the opening of this exhibition, Osaka Eriko, Director of the Yokohama Museum of Art and Fujita Naoyoshi, Director of the Museum of Art, Kochi will talk about the future of art museums.
Date and Time: 23 June (Saturday), 11am
Venue: 1/F Lecture Room
*For the first 50 people. Free-of-Charge.

● Special Lecture in Japanese
"From The Last Carolingian Throne to The King's Museum: The Allure of the Yokohama Museum of Art Collection"
Lecturer: Nakamura Naoaki, Head Curator, Yokohama Museum of Art
Date and Time: 19 August (Sunday), 2pm
Venue: 1/F Lecture Room
*For the first 50 people. Free-of-Charge.

● Gallery Tour by the Curators-in-Charge in Japanese
Dates and Times: 2pm, on the following Sundays: 24 June, 8 July, 22 July, 5 August, 12 August, 26 August, 9 September, and 23 September
Meeting Point: Entrance to Exhibition Room 2, 2/F
*admission ticket required

● Gallery Tour in Japanese with English Interpretation
Date and Time: 26 August (Sunday), 2pm
Interpretation provided by: Kochi Prefecture Coordinator of International Relations

● Gallery Tour in Japanese with Sign Language Interpretation
Date and Time: 9 September (Sunday), 2pm
Interpretation provided by: Kochi Prefecture Association for the Deaf


● Teachers' Day
We hereby extend free admission to all teachers in Kochi Prefecture. In addition to enjoying the exhibition complete with gallery tour by the curators, we also offer guidance to schools' usage of the museum. Teachers from all disciplines, not limited to art teachers, are welcome.
Date and Time: 5 August (Sunday), 2pm
Application: Please call 088-866-8000 at least one day in advance

● Free Nursery Service
This is a service provided by babysitters with ACSA-recognized babysitting licenses or nursing licenses. Please feel free to leave your child with the staff while you enjoy the exhibition.
Date and Time: 14 September (Friday) to 17 September (Monday - Public Holiday) (Total four days)
Twice a day (10:00-12:00 and 13:30-15:30)
No. of Participants: 10 people per session (by turnover)
Fee: Free-of-Charge (admission ticket required)
Venue: 1/F Lecture Room
Application: Pre-application by phone, followed by submission of an application form by 7 September (Friday).
Sitters provided by: NPO Mutter Schule

マグリット88OF006王様の美術館.jpgルネ・マグリット《王様の美術館》1966年、油彩・カンヴァス

001モロー83DRF011岩の上の女神.jpg ギュスターヴ・モロー《岩の上の女神》1890年頃、水彩、グワッシュ・紙、坂田武雄氏寄贈

003セザンヌ87OF002ガルダンヌから見たサントヴィクトワール山.jpg
ポール・セザンヌ《ガルダンヌから見たサント=ヴィクトワール山》1892-95年、油彩・カンヴァス

008クレー83DRF008攻撃の物質精神と象徴.jpg パウル・クレー《攻撃の物質、精神と象徴》1922年、水彩、油彩・紙

ナダール 《ウジェーヌ・ドラクロワ》.jpgナダール《ウジェーヌ・ドラクロワ》1858年(1978年プリント)、ソルティッドペーパープリント

フェルナン・レジェ 《コンポジション》.jpgフェルナン・レジェ《コンポジション》1931年、油彩・カンヴァス

*すべて横浜美術館所蔵

PAST exhibitions これまでの企画展

TOP