PERFORMANCE & FILM 舞台芸術 & 映画

終了しました

第17回高知アジア映画祭 ~少女たちのアジア~

2005年09月10日[土]

上映日:2005年9月10日(土)

場 所:高知県立美術館ホール

料 金:当日3,000円 前売2,500円
シニア・障害者・高校生・ICS会員2,300円
(チケットは映画3本とライブがご鑑賞できます)
前売券は高新プレイガイド、高知大丸プレイガイド、デューク、ミュージアムショップ他で発売中

主 催:高知アジア映画祭実行委員会・高知県立美術館

後 援:(財)高知県国際交流協会

「ドラッグストア・ガール」
(03年・105分・本木克英監督)
薬科大学3年生の恵子はラクロス部で活躍する元気な女の子。しかし彼が浮気をしていたのを知り、ショックのあまり、彼をぶんなぐり電車に飛び乗った。辿り着いた終着駅は、聞いたことも無い郊外の街・摩狭尾(まさお)。
人っこひとりいない、さびれた商店街「バンブーロード商店街」の先には、真新しい巨大なドラッグストアが建っていた。そしてなりゆきで、このドラッグストアでバイトすることに。
    
「サマリア」
(04年・95分・キム・ギドク監督)
ヨジンは父と二人暮らしの女子高生。彼女の親友は同級生のチェヨン。
いつからだろうか、援助交際をしている。ヨジンはそれを嫌いながらも、チェヨンが心配で見張り役として行動をともにすることに。そんな矢先ヨジンが見張りを怠った隙にホテルに警官の取締りが…。
   

「藍色夏恋」
(02年・84分・イー・ツーイェン監督)
17歳のモン・クーロウ(グイ・ルンメイ)は、親友のリン・ユエチェン(リャン・シューホイ)と楽しい高校生活を送る普通の女の子。しかし、その胸の内には、将来に対する漠然とした不安と、自分でもつかみきれない複雑な気持ちを秘めていた。
モンはユエチェンを通じて、彼女が恋する水泳部のチャン・シーハオ(チェン・ボーリン)の存在を知る。ユエチェンから、チャンにラブレターを渡して欲しいと頼まれたモンは、手紙を渡す。しかしラブレターの差出人がなぜかモンの名前になっていた事から、3人の関係が微妙に変化していく。


スペシャル・ゲスト

「ナイルの一滴」等でゴールドディスク大賞新人賞受賞
矢野絢子  ライブ 19:00~

PAST PERFORMANCE & FILM これまでの舞台芸術 & 映画

TOP