PERFORMANCE & FILM 舞台芸術 & 映画

今後のイベント

高知パフォーミング・アーツ・フェスティバル2019/高知県立美術館26周年開館記念日/
2019年度第69回高知県芸術祭共催行事
作曲・馬場法子
「Nopera AOI 葵」
主演・青木涼子 全編版日本初演

2019年11月03日[日]

日時:2019年11月3日(日) 開演14:00(開場13:30)---------※プレトーク、アフタートークあり(登壇予定:青木涼子/馬場法子/佐藤美晴)

会場:高知県立美術館・能楽堂

料金(全席自由・税込):
一般前売 2,000円(当日2,500円)
大学生以下 前売 1,000円(当日1,500円)

○割引料金《一般前売1,400円・当日1,750円/大学生以下前売700円・当日1,050円》身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・戦傷病者手帳・被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)は3割引。(ローソンチケットは割引対象外)

※未就学児入場不可(無料託児サービスあり、要予約、先着順)
※車イスでご来場予定のお客様は、事前に高知県立美術館(088-866-8000)までご連絡ください。

前売券販売所
高新プレイガイド TEL 088-825-4335(平日9:30~17:30)
高知大丸プレイガイド TEL 088-825-2191(直通)
楽器堂オーパス
高知市文化プラザミュージアムショップ TEL 088-883-5052(直通)(10:00~18:00)
ローソンチケット【Lコード63269】TEL 0570-084-006 http://l-tike.com/

※ローソンチケットのみ県外店舗でも販売しています。
※美術館展示棟が休館しているため、ミュージアムショップはお休みしております。
--
【無料託児サービス】
公演をご覧になられる方で、託児をご希望の方は、お電話で仮予約の上お申し込み下さい。なおご利用は生後6カ月以上のお子様で未就学児に限らせていただきます。
締め切り:10月20日(日) (定員10名、先着順)
---
-
10/12(土) 青木涼子による『能』レクチャー 開催!

公演に先駆けて、能や本公演についての、実演を交えたレクチャーを開催します。【入場無料】
《出演》青木涼子  《日時》 10月12日(土)19:00~   《会場》高知県立美術館ホール
※参加方法:電話088-866-8000(9~17時)か、メールでお申し込みください。メールの場合は、件名に「10/12青木涼子能レクチャー」と明記の上、お名前とお電話番号をmuseum@kochi-bunkazaidan.or.jp までお送りください

-

主催・お問合せ:高知県立美術館 TEL 088-866-8000 (9時~17時)

後援:高知県教育委員会、高知市教育委員会、高知県能楽協会、高知新聞社、RKC高知放送、KUTVテレビ高知、エフエム高知、KSSさんさんテレビ、KCB高知ケーブルテレビ、高知シティFM放送
助成
: 文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)、独立行政法人日本芸術文化振興会
制作協力
:株式会社オカムラ&カンパニー

高知パフォーミング・アーツ・フェスティバル2019

文化庁ロゴ.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像 芸術祭ロゴ.jpg

作品概要

能×現代音楽×アート

日本の伝統文化と-現代音楽の融合による-新たな「能」の世界。

能の概念を飛び越え新しいアートを創造し続ける能声楽家・青木涼子が、作曲家・馬場法子、演出家・佐藤美晴、ファッションデザイナー・山縣良和とのコラボレーションでおくる「Nopera AOI 葵」 待望の全編日本初演!

日本の伝統文化と現代音楽の融合による新たな「能」の世界を国内外で発信し、世界中から注目を集める能声楽家・青木涼子。フランス在住の気鋭の作曲家・馬場法子、数々のオペラ作品を手掛ける演出家・佐藤美晴、日本を代表する鬼才のファッションデザイナー・山縣良和(writtenafterwards)とのコラボレーションで、これまでにない“能オペラ”作品を能舞台にて上演します。
『源氏物語』葵の巻をもとにした能「葵上(あおいのうえ)」を題材に製作され、2016年にフランスで上演された本作が、演出を一新し、日本で待望の全編初演を迎えます。
能と現代音楽とアートが融合し織りなす新世界を、ぜひご体感ください。

-

クレジット

《 出 演 》 

能       青木涼子

指揮      夏田昌和
ヴァイオリン  松岡麻衣子
ヴィオラ    般若佳子
チェロ     多井智紀
フルート    斎藤和志
バスーン    中川日出鷹
クラリネット  山根孝司
打楽器     池上英樹
打楽器     畑中明香

-

《 作 曲 》   馬場法子
《 演 出 》   佐藤美晴
《 衣 装 》   山縣良和(writtenafterwards)

-

【作品解説】馬場法子

能と現代音楽の交錯「Nopera AOI葵」は、ある若い悲嘆にくれた女性の心情と理性の戦い、敵対、嫉妬、屈辱、報復、絶望のドラマである。生霊となるほどの激情を抱える六条御息所(みやすどころ)の内面世界を描き出した能「葵上(あおいのうえ)」を元に、演者によって発生する衣擦れの音、摺足(すりあし)の音、扇の音など様々な聴覚に作用する現象を用いて、葵上の死に至るまでの微細な変化を音で表現する。弓で弾かれるフレクサトーンは霊を呼び出す(あずさ)(ゆみ)を彷彿させ、舞台奥に吊るされたいくつもの糸電話は、シテが‘演奏’する携帯電話と時にシンクロナイズし、視覚的メタファーと錯聴を交錯させる。

-

あらすじ

朱雀院(すざくいん)御代(みよ)、左大臣家では息女の葵上(あおいのうえ)(もの)()に憑かれ重態である。物の怪の正体を知ろうと、(あずさ)(ゆみ)の音で霊を呼ぶ「梓の法」の名手(てる)()巫女(みこ)が招かれた。その法に掛けられて姿を見せたのは、六条御息所(みやすどころ)の怨霊である。御息所は皇太子妃の昔を(しの)ばせる高貴な姿をしているが、恋人光源氏の正妻である葵上への嫉妬に駆られ、後妻(うわなり)()ち(正妻が若い(めかけ)を憎んで打つこと)をする。思い乱れる御息所は、葵上の命を奪いかねない激しさを見せ、破れ車に乗って姿を消す。----------------------------------

(檜書店 三宅晶子「対訳でたのしむ 葵上」より https://www.hinoki-shoten.co.jp/




-

プロフィール

青木涼子/能声楽家 Ryoko Aoki

世界の主要な作曲家と共に、能の声楽である「謡」を素材にした新しい楽曲を生み出し、国内外で広く発表を行っている。ペーテル・エトヴェシュ、細川俊夫などの作曲家による現代音楽作品の初演、オーケストラとの共演、オペラ出演などにより能の「謡」の可能性を積極的に探求している。テアトロ・レアル王立劇場にてオペラ出演。ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団、アンサンブル・アンテルコンタンポラン、ミュンヘン室内管弦楽団など世界のトップオーケストラと共演。パリの秋芸術祭、バルトーク・フェスティバル、トンヨン国際音楽祭などの各国の音楽祭への参加や、コンセルトヘボウ、フィルハーモニー・ド・パリ、ケルン・フィルハーモニーなど各国の主要なホールに出演するなど、世界的な活躍をしている。東京藝術大学音楽研究科修士課程修了(能楽観世流シテ方専攻)。ロンドン大学博士課程修了。平成27年度文化庁文化交流使。
HP:http://ryokoaoki.net/-

-

-

馬場法子/作曲  Noriko Baba

東京術大学卒、同大学院修了。パリ国立高等音楽院作曲科を最優秀で卒業。2003年度IRCAM研究員。Akademie schloss solitudeのアーティスト・イン・レジデンスに招聘され1年滞在フランス教育省芸術家派遣に選出されCasa de Velazquezに会員として2年滞在、フランス外務省のアーティスト・イン・レジデンス「ヴィラ九条山」派遣に日本人として初めて選出され京都に滞在する。日本音楽コンクール2位、フランス学士院Georges Wildenstein賞、武生国際作曲賞受賞。作品は様々な音楽祭で委嘱・演奏されている。20182月、「共命之鳥」、「ハゴロモ・スイート」がロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団演奏会にてヨーロッパ初演された。

-

-

-

-

佐藤美晴/演出  Miharu Sato

主な演出作品に「フィガロの結婚」「ナクソス島のアリアドネ」「リゴレット」「魔笛」「神々の黄昏」「ハムレット」「アラベラ」「トゥーランドット」などがある。近年の演出では、東京芸術劇場・石川県立音楽堂共同主催「こうもり」、バッハ・コレギウム・ジャパン主催公演等。ウィーン大学劇場学科に留学し、慶應義塾大学大学院文学研究科修了(音楽学)。シュトゥットガルトオペラ、アン・デア・ウィーン劇場、イングリッシュ・ナショナル・オペラ等で研鑽を積み、ハンブルク歌劇場などで演出助手をつとめる。
現在、東京藝術大学演奏芸術センター特任准教授、東京大学先端科学技術センター人間支援工学特任研究員。
第23回五島記念文化賞オペラ新人賞(演出)受賞。

-

-

-

-

山縣良和/衣装  Yoshikazu Yamagata

2005 年 セントラルセントマーチンズ美術学校卒業。ジョン・ガリアーノのデザインアシスタントを務めた後、帰国。インターナショナルコンペティション ITS#three Italy にて3部門受賞。07 年 writtenafterwards(リトゥンアフターワーズ)設立。08 年 9 月より東京コレクション参加。09 年 オランダアーネムモードビエンナーレにてオープニングファッションショーを行う。11年 オーストラリア、オーストリアにてファッションショーを行う。12 年 日本ファッションエディターズクラブ新人賞受賞。14年 ベーシックラインwritten byを発表、毎日ファッション大賞・特別賞を受賞。また、ファッション表現の実験、学びの場として、「ここのがっこう」を主宰。

-

-

-

-

-

10/12(金) 青木涼子による『能』レクチャー開催!

公演に先駆けて、能や本公演についての、実演を交えたレクチャーを開催します。

出演:青木涼子
日時:10月12日(土)19:00~ 
会場:高知県立美術館ホール 
《入場無料》

※参加方法:電話088-866-8000(9~17時)か、メールでお申し込みください。メールの場合は、件名に「10/12青木涼子能レクチャー」と明記の上、お名前とお電話番号をmuseum@kochi-bunkazaidan.or.jp までお送りください。

-

-

-

-

-

お問合せ先
高知県立美術館
〒781-8123 高知県高知市高須353-2
電話 088-866-8000 FAX 088-866-8008
Email museum@kochi-bunkazaidan.or.jp

---

NoperaAOI葵-チラシ_190820_HP用-再.jpgチラシ表

--

-

青木涼子チラシ-裏[校了]_HP用-再.jpgチラシ裏

--

--

--

--

-

青木涼子_AOI画像_芸術祭用.jpg©Junichi Takahashi

--

-+

-

-

-

-

-

青木涼子©Hiroaki Seo_HP用-再.jpg【能】 青木涼子                         ---------- --------©Hiroaki Seo

-

--

-

-

-

馬場法子-プロフ写真_Kyoko Nagashima_HP用.jpg【作曲】 馬場法子                         --------- -©Kyoko Nagashima

--

-

-

佐藤美晴_プロフィール写真_HP用-再0822.jpg【演出】 佐藤美晴

--

-

-

山縣良和プロフ写真_HP用.jpg【衣装】 山縣良和(writtenafterwards)

-

-

-

-

-

-

青木涼子プロフ写真-02_HP用.jpg-----------青木涼子

PAST PERFORMANCE & FILM これまでの舞台芸術 & 映画

TOP