PERFORMANCE & FILM 舞台芸術 & 映画

2024:11:20:19:00:00:2024:11:20:00:00:00今後のイベント

マルコ・ダ・シウヴァ・フェレイラ Carcaça(カルカサ)

2024年11月20日[水]

主催:高知県立美術館(公益財団法人高知県文化財団)
共同招聘:ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)

写真 © JOSÉ CALDEIRA/TMP

ポルトガルの若手振付家マルコ・ダ・シウヴァ・フェレイラを日本初紹介。タイトルの「Carcaça(カルカサ)」(ポルトガル語で「残骸」の意味)とは裏腹に、舞台上では 10 人のダンサーと 2 人の音楽家による躍動感満点のエネルギッシュなダンスと生演奏が繰り広げられます。民族舞踊と、LGBTQIA+やヨーロッパ旧植民地など様々なコミュニティにおける現代的なダンススタイルが複雑に組み合わされた本作では、常に現代性を取り入れることで、民族舞踊の概念を再定義し、更新することが試されていきます。

-

プロフィール

マルコ・ダ・シウヴァ・フェレイラ
Marco da Silva Ferreira

1986年生まれ。ポルトガル出身の振付家。アフロ系民族の影響を受けた都会的なダンススタイルを独学で学び、ホフェッシュ・シェクターなどの国際的な振付家のもとでダンサーとして活躍した後、2013年より振付家として活動を開始。代表作に、2018年のリヨンダンスビエンナーレで上演された『Brother』(2016年)、2019年にポルト市立劇場で創作され、リスボン、ブリュッセル、フランスの各都市で上演された『Bisonte』、映画監督ホルヘ・ジャコメと共同創作した『SIRI』(2021年)等がある。2019年から2021年にかけてカーン国立振付センター(フランス・カーン)アソシエイト・アーティストを務め、2023年より、メゾン・ドゥ・ラ・ダンス(フランス・リヨン)アソシエイト・アーティスト。ヨーロッパの同世代で最も独創的な振付家のひとりと称されている。

-

「Carcaça」京都・高知2都市ツアー

ロームシアター京都 2024年11月15日[金]・16日[土]
高知県立美術館   2024年11月20日[水]

_DSC4758_© José Caldeira.jpg
© José Caldeira

_DSC5327_© José Caldeira.jpg
© José Caldeira

20221208_concertgebouwbrugge_dasilva_decemberdance_LR©TimTheoDeceuninck-56.jpg
photo: Concertgebouw Brugge © Tim Theo Deceuninck

carcaca23_054.jpg
Carcaça

PAST PERFORMANCE & FILM これまでの舞台芸術 & 映画

TOP