PERFORMANCE & FILM 舞台芸術 & 映画

終了しました

高知県立美術館特別上映会 ポルトガル映画祭 パウロ・ブランコと90年代ポルトガル映画

2000年07月01日[土] - 2000年07月02日[日]

会 場:高知県立美術館ホール
入場料:
前売1日500円/当日1日600円
※身体障害者等割引料金 前売1日350円/当日1日420円
(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳所持者とその介護者1名)
主 催:高知県立美術館(高知県文化財団)・ポルトガル映画祭組織委員会・ポルトガル大使館・朝日新聞社・(財)国際文化交流推進協会(エース・ジャパン)
後 援:RKC高知放送・KUTVテレビ高知・NHK高知放送局・エフエム高知・KSSさんさんテレビ
助 成:(財)地域創造(ジャンボ宝くじ助成事業)、国際交流基金
協 賛:トヨタ自動車株式会社
(社)企業メセナ協議会認定事業
長い歴史を持つにもかかわらず、ポルトガル映画はあまり外国で知られていませんでした。しかし、日々の日常を繊細な感性と独特の想像力で描いた作品群は高い評価を得ており、近年カンヌ、ベネチア、ベルリンなどの国際映画祭でも話題を呼んできました。
今回の上映会では、長い間映画を撮ることができなかったベテラン監督や、若い監督たちに活動の機会を与え、「ポルトガル映画の救世主」と言われているプロデューサーのパウロ・ブランコに焦点を当て、彼が1990年代に製作した作品のうち日本未公開作品9本を上映、ポルトガル映画の現在を紹介します。上映作品の最終的選考を行ったのは、映画祭実行委員長である東大総長・蓮實重彦氏です。

上映作品

2000年7月1日(土)
①午前10時~
ここより遠く
ジョアン・ゲーラ監督/1993/35ミリ/カラー/97分
②午後1時~
僕の誕生日(四元素シリーズ「空気」)
ジョアン・ボテリョ監督/1991/35ミリ/カラー/60分
③午後2時10分~
ラスト・ダイビング(四元素シリーズ「水」)
ジョアン・セーザル・モンテイロ監督/1992/35ミリ/カラー/85分
④午後3時45分~
二十歳の試練(四元素シリーズ「火」)
ジョアキン・ピント監督/1992/35ミリ/カラー/65分
⑤午後5時~
世界の終わり(四元素シリーズ「土」)
ジョアン・マリオ・グリロ監督/1992/35ミリ/カラー/60分

2000年7月2日(日)
①午前10時~

ペドロ・コスタ監督/1997/35ミリ/カラー/93分
②午後1時~
クレーヴの奥方
マノエル・デ・オリヴェイラ監督/1999/35ミリ/カラー/107分
③午後2時55分~
トラフィコ
ジョアン・ボテリョ監督/1998/35ミリ/カラー/112分
④午後4時55分~
神の結婚
ジョアン・セーザル・モンテイロ監督/1999/35ミリ/カラー/147分

PAST PERFORMANCE & FILM これまでの舞台芸術 & 映画

TOP