PERFORMANCE & FILM 舞台芸術 & 映画

終了しました

クリエイション’13 ベルリン,ネバダ
「スティル・ナイト高知」 

2014年03月20日[木] - 2014年03月22日[土]

日時:
①3月20日(木)19時
②3月21日(金)19時 *アフタートークあり
③3月22日(土)18時                            
④3月22日(土)20時
上演時間:45分ほど
定員:各回50名(全4回)
会場:山内会館(土佐山内家宝物資料館隣接)高知県高知市鷹匠町2丁目4−26
入場無料(要事前申込)   定員に達しました。お申込ありがとうございます。
申込方法 3月7日(金)消印有効でご応募ください。
往復はがきに住所、氏名、電話番号、希望日時(①~④をお選びください。)を2つまで明記の上、美術館「スティル・ナイト高知」係までご応募ください。応募多数の場合は抽選とさせていただきます。お一人様はがき一枚のご応募とさせていただきます。結果・詳細は3月10日以降、返信はがきにてご連絡差し上げます。
主催・後援(予定)
主催:高知県立美術館
支援:文化庁平成25年度劇場・音楽堂等活性化事業
協力:(公財)土佐山内家宝物資料館
後援:高知新聞社 RKC高知放送 NHK高知放送局 KUTVテレビ高知  KSSさんさんテレビ KCB高知ケーブルテレビ エフエム高知 高知シティFM放送
2012年度、高知県立美術館のレジデンス・アーティストとして約1カ月高知に滞在し、リサーチを経て、アートとコミュニティを連携した作品を完成させたイギリスのアーティスト、シルヴィア・メレクリアーリとジェマ・ブロキス。
劇場という枠を超え、様々なスペースで観客とコミットする体験型作品を創作する同ユニットは、2008年にも高知市内を車で走りながら体感する体験型パフォーマンス「ピノキオ」を発表し話題を呼びました。
「スティル・ナイト高知」は、マルコ・ポーロが旅で見聞してきた都市についてフビライ・ハンに語る形式で描かれたイタロ・カルヴィーノの小説「見えない都市」に影響を受け、高知を舞台に展開する作品です。これまで、ブリスベン、横浜、ブリストル、ロンドン、アテネとそれぞれの街の色や形を反映して変容してきました。昨年行われた約1カ月に及ぶ滞在制作を経て、高知の知られざる顔を観客の皆様にお届けします。

なぜこの街のことを知っているのか? 今まさに夢に見たからだ。
-作品は、様々な言語で話す講演の場面から始まる。遠くの国からやってきたミステリアスな講演者が、我々を街巡りの旅に案内してくれる。地図を持たずに裏道をふらりと歩き、小さな犬やカフェ、街の名所など全てに魅了される。そこに実際の出来事や場所が溶け込みながら、彼女は我々を馴染みの街から引き離していく。我々は別世界へ移動すると同時に、「高知」は遠い記憶の中をさまよう。そして、暗闇の中で贅沢な音に包まれ、ザナドゥの庭園の隅で、フビライ・ハンの帝国を熟考していることに気づく。-

作・演出:ジェマ・ブロキス シルヴィア・メレクリアーリ
出演:シルヴィア・メレクリアーリ マシュー・ラドキン
共同サウンド・デザイナー:ルイス・ギブソン

ベルリン,ネバダ http://www.berlinnevada.com

シルヴィア・メレクリアーリ(ロトザザ、イル・ピクセル・ロッソ、インコンビニエント・スプーフの創設者)とジェマ・ブロキス(シャントの創設者)によるユニット。過去に2作品を創作し、また、イギリス国内外で同カンパニーのテクニックを用いたワークショップ「インサイド・アウトサイド」も開催している。同カンパニーは、演劇の手法で公共スペースを使用しながら、虚構と現実を組み合わせつつ、観客が両世界を行き来するような作品を創作している。初演の「ピノキオ」は街中を走る車の中で繰り広げられ好評を得た。2作品目の「スティル・ナイト」は、これまでに日本、オーストラリア、イギリス、ギリシャなどで開催され、現在も各地でツアーを行っている。

PAST PERFORMANCE & FILM これまでの舞台芸術 & 映画

TOP