PERFORMANCE & FILM 舞台芸術 & 映画

終了しました

高知県立美術館秋の定期上映会  アート ドキュメンタリー

2012年10月14日[日] - 2012年10月15日[月]

上映日:2012年10月14日(日)15日(月)  開場13:00
会場:高知県立美術館ホール
入場料:
前売 一般1日券1,000円
当日 一般1日券1,200円 
 
身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保険福祉手帳・戦傷病者手帳・被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)は3割引です。割引料金 一般前売700円 /当日一般840円
*身体障害者割引前売券については、高知県立美術館ミュージアムショッフ・高知県立県民文化ホール・各プレイガイドで取り扱います。
*年間観覧券をご提示いただくと前売料金でご覧いただけます。
主催:高知県立美術館
後援:NHK高知放送局、高知新聞社、RKC高知放送、KUTVテレビ高知、エフエム高知、KSSさんさんテレビ、   KCB高知ケーブルテレビ、高知シティFM放送
今年の秋の定期上映会は、既存の概念に捕らわれず、たゆみなく探求を続け、料理と美容の世界で革命を起こした人々のドキュメンタリー映画を取り上げます。
“世界で最も革新的なシェフ”フェラン氏がオーナーを勤めた伝説のレストラン、“エル・ブリ”の裏側にせまった「エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン」。
ハサミ1つで世界を変えた男、ヴィダル・サスーン。“サスーン・カット”と呼ばれる斬新なカットで一世を風靡した彼が、美容界のみならず、ファッションやカルチャーに変革を起こすまでの軌跡をたどったドキュメンタリー「ヴィダル・サスーン」。
常に新しい変化を追い求め、挑戦し続ける彼らの姿は、職人の域を越えて芸術家のようです。そんな一風変わったアーティストの秘密をのぞいてみませんか?

13:30~15:23
「エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン」
(2011年/ドイツ/113分/35mm)
監督:ゲレオン・ヴェツェル 
出演:フェラン・アドリア、エドゥアルド・チャトルック、ルイス・ガルシア
 
レストラン「エル・ブリ」を知っていますか? 1年間のうち半年だけの営業、45席しかないシートに年間200万件もの予約希望が殺到する“世界一予約のとれないレストラン”だ。そんな人気を博しながら、2011年7月30日をもってレストラン業務を終了。そのニュースは世界中に大きな衝撃を与えた。
カメラは、そんな伝説となったレストランの裏側に密着。オーナーシェフを務めたフェラン・アドリア氏と、5000人の応募者から選ばれた精鋭シェフらによる新しい料理の開発と研究、苦悩と焦燥、新メニュー完成からお披露目に至る緻密なプロセスの全てを映し出していく。
特に食の世界に旋風を巻き起こし続けるカリスマシェフ、フェラン氏による科学を用いた調理法や斬新なアイディアは、これまで私達が持っていた料理の固定観念を打ち破る。もはや、料理を超えて芸術ともいえる制作の秘密の一端が明かされる驚きのドキュメンタリー。
監督は、「本を作る男-シュタイデルとの旅」のゲレオン・ヴェツェル。

15:40~17:11
「ヴィダル・サスーン」
(2010年/アメリカ/91分/ブルーレイ)
監督:クレイグ・ティパー
プロデューサー:マイケル・ゴードン、ジャッキー・ギルバート・バウアー
出演: ヴィダル・サスーン/マリー・クワント/グレイス・コディントン/川島文夫

“ヴィダル・サスーン”―誰でも一度はその言葉を耳にした事があるのではないだろうか。しかし、美容業界に革命を起こした1人のヘアスタイリストの名前だということをご存知だろうか?
ヴィダル・サスーンは、1928年イギリス生まれのユダヤ人。ロンドンの孤児院で育ち、ユダヤ人排斥の波の中で戦争と貧困を生き抜いた。決して恵まれた環境で育ったとは言えない彼が、保守的な美容業界と格闘し続け、60年代スウィンギング・ロンドンのファッション・シーンを牽引、国際的に名声を得るまでに至った軌跡をたどる。
多くのモデルや女優たちを虜にした彼の魅力とは一体何だったのだろうか?盟友マリー・クワントやVOGUE誌のグレイス・コディントン、友人、関係者、そして本人からのインタビューでその謎が解き明かされる。
プロデューサーはサスーンの親友、俳優であり映画監督のマイケル・ゴードン。

PAST PERFORMANCE & FILM これまでの舞台芸術 & 映画

TOP