PERFORMANCE & FILM 舞台芸術 & 映画

終了しました

高知パフォーミング・アーツ・
フェスティバル2019
大谷康子&イタマール・
ゴラン デュオ・リサイタル 派遣助成(公財)よんでん文化振興財団

2019年05月17日[金]

日本を代表するヴァイオリニスト(大谷康子)と一流ソリストの名パートナー(イタマール・ゴラン)との究極のデュオ

日時:2019年5月17日(金)開場18:30 開演19:00
会場:高知県立美術館ホール

◆前売券完売のお知らせ
大変好評につき前売券が完売いたしました。そのため公演当日、美術館ホールでの「当日券」販売もございません。ご了承ください。(2019/5/9)

料金(全席自由・税込):
一般前売     2,000円 (当日2,500円)
高校生以下前売 1,000円 (当日1,500円)

〇割引料金
一般前売    1,400円 (当日1,750円)
高校生以下前売  700円 (当日1,050円) 
身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・戦傷病者手帳・被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)は3割引です。(ローソンチケットは割引対象外)
※未就学児は入場出来ません

前売発売所:
高新プレイガイド TEL 088-825-4335(平日9:30~17:30、土9:30~12:30)※完売
楽器堂オーパス イオンモール高知支店 TEL 088-826-7633(10:00~22:00)※完売
高知大丸プレイガイド TEL 088-825-2191(直通)※完売
高知市文化プラザミュージアムショップ(かるぽーと)TEL 088-883-5052(直通)(10:00~18:00)※完売
ローソンチケット【Lコード62969】TEL 0570-084-006 http://l-tike.com/ ※完売

※美術館展示棟が休館しているため、ミュージアムショップ及びミュージアムカフェ「マルク」も休業しております。 


主催:高知県立美術館
助成:(公財)よんでん文化振興財団、文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
後援:高知県教育委員会、高知市教育委員会、高知新聞社、RKC高知放送、KUTVテレビ高知、エフエム高知、KSSさんさんテレビ、KCB高知ケーブルテレビ、高知シティFM放送

プログラム(予定)

クライスラー:愛の喜び、愛の悲しみ、美しきロスマリン
J.S.バッハ:G線上のアリア
プーランク:ヴァイオリン・ソナタ
ラヴェル:ツィガーヌ
休憩
ドビュッシー:亜麻色の髪の乙女
マスネ:タイスの瞑想曲
フランク:ヴァイオリン・ソナタ






大谷康子(ヴァイオリン)
Yasuko OHTANI,Violin

今年デビュー44周年を迎え、ピエトロ・グァルネリ(1708年製)での深く温かい演奏は「歌うヴァイオリン」と評される。これまでにソロ活動はもとより、モスクワ・フィル、スロヴァキアフィル等、国内外の著名なオーケストラと多数共演。1公演で4曲のヴァイオリンコンチェルトを1日2公演行うという前代未聞の快挙を達成し話題となった。キエフ国立フィルとは2017年以降毎年招聘され、今年11月ウクライナにて3年連続の共演を予定。また、5月に実力派ピアニスト、イタマール・ゴランと11都市での全国ツアーを予定。
CDはベストセラー「椿姫ファンタジー」(SONY)のほか、ベルリンでの録音による「R.シュトラウス/ベートーヴェン・ソナタ№5(ピアノ: イタマール・ゴラン)」(SONY)も評価が高い。その他多数リリース。文化庁「芸術祭大賞」受賞。東京音楽大学教授。東京藝術大学講師。(公財)練馬区文化振興協会理事長。川崎市市民文化大使。高知県観光特使。(公財)日本交響楽振興財団理事。BSテレ東(毎週土曜朝8時より放送)「おんがく交差点」では春風亭小朝と司会・演奏を務めている。昨年7月、自身初の著書「ヴァイオリニスト 今日も走る!」(KADOKAWA)を発売。
オフィシャル・ホームページ http://www.yasukoohtani.com


イタマール・ゴラン(ピアノ)
Itamar GOLAN, Piano

イタマール・ゴランは、現代を代表する傑出した音楽家達とのパートナーシップを20 年以上の永きに亘り築いてきた。その演奏は批評家から高く評価され、世界の著名コンサートホールに度々出演する引っ張りだこのピアニストのひとりとなっている。アメリカ-イスラエル文化財団より繰り返し奨学生に選ばれ、エマヌエル・クラソフスキーや室内楽の恩師であるチム・タウブに師事した。その後ボストンのニューイングランド音楽院より全額免除の奨学金を得、レナード・シュアのもとで研鑽を積んだ。
当初より室内楽に傾倒する一方で、ソリストとしても活動し、これまでにメータ指揮イスラエル・フィルとベルリン・フィルに、またガッティ指揮スカラ座管、ムーティ指揮ウィーン・フィル、マゼール指揮フィルハーモニア管に客演している。 これまでにレーピン、ヴェンゲーロフ、ラクリン、マイスキー、ミンツ、ギトリス、チョン・キョンファら著名演奏家と共演。またザルツブルク、ヴェルビエ、ルツェルン、タングルウッドなどの音楽祭に度々出演するほか、ドイツ・グラモフォン、ワーナー・クラシックス、デッカなどから数々の CDをリリースしている。 1991年には若くしてマンハッタン音楽学校の教師に迎えられ、1994年からはパリ国立高等音楽院にて室内楽クラスの教授を務めている。パリ在住。

【ツアースケジュール】

5月 3日(祝) 軽井沢  軽井沢大賀ホール
5月 4日(祝) 名古屋  宗次ホール
5月 6日(振休)御殿場  御殿場高原ホテル
5月 8日(水) 高 松  レグザムホール(香川県県民ホール) 小ホール
5月 9日(木) 名 寄  名寄市民文化センター EN-RAYホール
5月10日(金) 札 幌  ふきのとうホール
5月11日(土)  呉    呉市文化ホール 
5月15日(水) 東 京  浜離宮朝日ホール
5月16日(木) 愛 媛   砥部町文化会館ふれあいホール  
5月17日(金) 高 知   高知県立美術館ホール  
5月18日(土) 大 分  湯布高原ゴルフクラブ クローズド・コンサート
5月19日(日) 宮 崎   宮崎オルブライトホール

無料託児サービス(申し込み方法)

公演をご覧になられる方で、託児をご希望の方はお電話で仮予約のうえお申し込み下さい。
なおご利用は生後6ヶ月以上のお子様で未就学児童に限らせていただきます。 
締 切:5月9日(木)
定 員:10名(先着順)
お申込:高知県立美術館(予約制)
T E L:088-866-8000(9時~17時)



YASUKO OHTANI
BIOGRAPHY

Yasuko Ohtani is one of Japan’s leading violinists in terms of both popularity and talent. In 2015 she celebrated the 40th anniversary of her debut.
She plays a 1708 Pietro Guarneri violin.
Acclaimed for her “singing violin,” Ohtani moves and delights audiences with her vivid stage presence and warm, profound performances.
After graduating from Tokyo University of the Arts (TUA), she completed the doctoral course at that university’s graduate school. She took first place in the All Japan Student Music Competition, and second place in the Henryk Szeryng Japan Visit Commemorative Competition.
Ohtani began her career as a soloist while still a student. She has given recitals to great acclaim in locations including Vienna, Rome, Cologne and Berlin, and has received high praise for concerts performed on the invitation of the Toronto Music Festival, the city of Salzburg and others.
Yasuko Ohtani also appears with many orchestras from inside and outside Japan, and has given highly successful performances on Japan tours with the Slovak Philharmonic, Stuttgart Chamber Orchestra and National Philharmonic Orchestra of Ukraine.
In May 2017, Ohtani will perform in the opening concert of the Kiev Spring Music Festival on the invitation of the National Philharmonic Orchestra of Ukraine. She is also set to appear with the MYAoscow Philharmonic Orchestra on its Japan tour of June-July 2017.
Yasuko Ohtani’s 10-year project “Violin!!” began in December 2016 at Hakuju Hall, Tokyo.
Her CDs include the highly praised “R. Strauss Sonata / Beethoven Sonata No. 5,” recorded at Jesus Christ Church in Berlin (Itamar Golan, piano), released by Sony Records. On the King Records label, she has released a live concert recording of the Bruch Violin Concerto No. 1 and Saint-Saens Violin Concerto No. 3, performed at Suntory Hall (with the Tokyo Symphony Orchestra conducted by Junichi Hirokami and Naoto Otomo); a CD of Mendelssohn and Lalo violin concertos (with the Tokyo Symphony Orchestra conducted by Naoto Otomo); and a collection of essays revolving around confectionery.
Yasuko Ohtani received the Agency for Cultural Affairs’ “Art Festival Award.” She is a professor at the Tokyo College of Music, and guides the next generation of musicians as an instructor at Tokyo University of the Arts.
Her wide-ranging activities include serving in numerous cultural posts in the public sphere and appearing as emcee on a TV music program.
Official website: http://www.yasukoohtani.com/
Curriculum Vitae as of Februry 2017


ITAMAR GOLAN
BIOGRAPHY

For more than two decades, Itamar Golan has been partnering the most outstanding instrumentalists of our time. His work has brought him great critical acclaim, and he is one of the most sought after pianists of his generation, playing on the most prestigious stages around the world.
Born in Vilnius, Lithuania, his family emigrated to Israel when he was a year old. There he started his musical studies and at the age of 7, gave his first concerts in Tel-Aviv.
He was repeatedly awarded scholarships from the American-Israel Cultural Foundation which enabled him to study with Emanuel Krasovsky and his chamber music mentor, Chaim Taub. Later under a full scholarship from the New England Conservatory of Boston, he was chosen to study with Leonard Shure.
Since his earliest years, Itamar Golan’s passion has been chamber music but he has also appeared as soloist with some of the major orchestras, including the Israel Philharmonic and the Berlin Philharmonic under the direction of Zubin Mehta, Royal Philharmonic under the direction of Daniele Gatti, the Orchestra Philharmonica della Scala, the Vienna Philharmonic under the direction of Riccardo Muti and Philarhomia Orchestra under the direction of Lorin Maazel.
Over the years, he has collaborated with Vadim Repin, Maxim Vengerov, Julian Rachlin, Mischa Maisky, Shlomo Mintz, Ivry Gitlis, Ida Haendel, Kyung Wha Chung, Sharon Kam, Janine Jansen, Martin Frost and Torleif Thedeen among many others.
He is a frequent participant in many prestigious international music festivals, such as Salzburg, Verbier, Lucerne, Tanglewood, Ravinia, and has made a numerous recordings for big labels as Deutsche Grammophon, Warner Classics, Decca, Teldec, EMI and Sony Classical.
In 1991, Itamar Golan was nominated to the faculty of the Manhattan School of Music, making him one of their youngest teachers ever. Since 1994, he has taught chamber music at the Paris Conservatory. Itamar resides in Paris, where he is involved in many different artistic projects.

Ohtani-Yasuko-Red1.jpg
©︎Masashige Ogata

イタマール・ゴラン2.jpg

PAST PERFORMANCE & FILM これまでの舞台芸術 & 映画

TOP