PERFORMANCE & FILM 舞台芸術 & 映画

終了しました

夏の定期上映会 「空想特撮映画特集」    ミステリアン、ナタール遊星人、宇宙大怪獣ドゴラ、そしてドクター・フーから地球を守る!!

2016年08月27日[土] - 2016年08月28日[日]

上映日:2016827日(土)28日(日)

会場:高知県立美術館ホール

入場料:《一般》1プログラム前売券1,000円  当日券1200

《小学生以下》1プログラム前売券500円 当日券600円 (税込)


*年間観覧券をご提示いただくと前売料金でご覧いただけます。
*身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・戦傷病者手帳・被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)は3割引です。(ローソンチケットは割引対象外) ※割引料金1プログラム前売券700円(当日券840円)小学生以下1プログラム前売券350円(当日券420円)

主催:高知県立美術館
後援:高知県教育委員会、高知市教育委員会、NHK高知放送局、高知新聞社、RKC高知放送、KUTVテレビ高知、エフエム高知、KSSさんさんテレビ、KCB高知ケーブルテレビ、高知シティFM放送

上映スケジュール (各プログラム入替制)

27日(土)

28日(日)

Aプログラム

10:00~11:29
「地球防衛軍」 89分

11:35~13:08

 「宇宙大戦争」 93分

Bプログラム

10:00~11:21
「宇宙大怪獣ドゴラ」 81分

11:30~13:14
「キングコングの逆襲」 104

Bプログラム

14:00~15:21
「宇宙大怪獣ドゴラ」81

15:30~17:14

 「キングコングの逆襲」104分

Aプログラム

14:00~15:29
「地球防衛軍」89

15:35~17:08

 「宇宙大戦争」93分



上映作品(各プログラム入替制) 
開場は各プログラムの30分前


●Aプログラム(8月27日(土)10:00~13:08/28日(日)14:00~17:08)

「地球防衛軍」
(57年/89分/35ミリ/カラー/東宝スコープ)
監督:本多猪四郎 特技監督:円谷英二 音楽:伊福部昭
出演:佐原健二、白川由美、平田昭彦、河内桃子
突如現れた怪ロボット・モゲラ。それは地球征服を目論むミステリアン対地球防衛軍の戦いの始まりだった。ミステリアンの円盤や電子砲を装備したベーター号など数々の魅力的なデザインで、今でも熱狂的なファンを持ち、東宝特撮が世界に誇る怪光線の使用など技術的にも高い評価を得た日本SF映画を代表する傑作。
また時代はワイド・スクリーンの時代となり、この作品は記念すべき東宝特撮初の東宝スコープ映画となった。
8月27日(土)10:00~11:29 28日(日)14:00~15:29


「宇宙大戦争」
(59年/93分/35ミリ/カラー/東宝スコープ)
監督:本多猪四郎 特技監督:円谷英二 音楽:伊福部昭
出演:池部良、安西郷子、千田是也、土屋嘉男
宇宙空間に突如現れる円盤。そして宇宙ステーションと地球上では怪事件が起きていた。それは月面を基地化し、地球を狙うナタール遊星人の攻撃だった。
地球を狙うナタール遊星人の円盤群と地球防衛軍のロケット部隊が攻防戦を繰り広げる宇宙での特撮技術は今でも驚くべきものがあり、またスピップ号の船内や月面探検車、宇宙センターなどの美術も高く評価されている。「地球防衛軍」の姉妹編とでも呼べる空想特撮映画。
8月27日(土)11:35~13:08 28日(日)15:35~17:08


●Bプログラム(8月27日(土)14:00~17:14/28日(日)10:00~13:14)

「宇宙大怪獣ドゴラ」
(64年/81分/35ミリ/カラー/東宝スコープ)
監督:本多猪四郎 特技監督:円谷英二 音楽:伊福部昭
出演:夏木陽介、藤山陽子、小泉博、若林映子

ダイヤモンドが謎の生物によって奪い去られるという事件が発生した。それは放射能によって突然変異した宇宙細胞から誕生した宇宙大怪獣ドゴラの仕業。この巨大クラゲのようなドゴラには、ロケット弾を撃ち込んでも通用しなかった・・・。
ギャング団対ダイヤGメンと刑事の対決が描かれる中、なかなか姿を現さない不定形宇宙大怪獣という途方もない難題に東宝特撮人が挑んだ根強い人気を持つ異色作
8月27日(土)14:00~15:21 28日(日)10:00~11:21


「キングコングの逆襲」
(67年/104分/35ミリ/カラー/東宝スコープ)
監督:本多猪四郎 特技監督:円谷英二 音楽:伊福部昭
出演:宝田明、リンダ・ミラー、浜美枝、天本英世
国連調査船は、ある日南海のモンド島近くで船が故障し島に上陸。そこは巨大な類人猿キング・コングの住む島だった。一方北極近くでは、ドクター・フーとマダム・ピラニヤがメカニ・コングというロボットを使って、ウランよりも強い放射能を持つエレメントXを掘ろうとしていた。
「キングコング対ゴジラ」より5年ぶりに復活し、電子怪獣メカニ・コングや原始恐竜ゴロザウルスなどとの対決がファンを沸かせた東宝創立35周年記念作品。
8月27日(土)15:30~17:14 28日(日)11:30~13:14

PAST PERFORMANCE & FILM これまでの舞台芸術 & 映画

TOP