PERFORMING ARTS 舞台芸術

終了しました

秋の定期上映会 「美術館と繋がる大切な宝物」 

2016年11月19日[土] - 2016年11月20日[日]

上映日:20161119日(土)20日(日)

会場:高知県立美術館ホール

入場料:前売1日券 1,000円 [当日券1,200] (税込)


*年間観覧券をご提示いただくと前売料金でご覧いただけます。
*身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・戦傷病者手帳・被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)は3割引です。(ローソンチケットは割引対象外) ※割引料金前売券700円(当日券840円)

主催:高知県立美術館
後援:NHK高知放送局、高知新聞社、RKC高知放送、KUTVテレビ高知、エフエム高知、KSSさんさんテレビ、KCB高知ケーブルテレビ、高知シティFM放送

今回は、07年に「タイ映画の異才-アピチャッポン・ウィーラセタクン監督特集」で来館したアピチャッポン・ウィーラセタクン監督の新作「光りの墓」(15年)と、11年に「フレデリック・ワイズマンのすべて」で来館したフレデリック・ワイズマン監督の新作「ナショナル・ギャラリー 英国の至宝」(14年)、そして11年に「ようこそ、アート映画へ」の中で上映した「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」(08年)の続編となる「みんなのアムステルダム国立美術館へ」(14年)の3作品を上映します。
 アピチャッポン監督は、来館後「ブンミおじさんの森」(10年)で、カンヌ国際映画祭のパルムドール(最高賞)を受賞するなど国際的に高く評価される監督になりました。                       
 そしてワイズマン監督は、11年の特集上映時に当時の最新作「ボクシング・ジム」(10年)を披露し、その後「クレイジー・ホース・パリ 夜の宝石たち」(11年)、「At Berkeley」(13年)を公開し、休む間もなく今回の新作を撮り上げました。
 また04年から改修工事に入ったアムステルダム国立美術館は、08年の再オープンを目指しましたが様々な問題によりオープン出来ず。その後、美術館はどうなったのかを描いた続編も上映します。

 美術館と映画が繋がる大切な宝物をぜひお楽しみください。

上映スケジュール ※両日とも同じ作品。1日券で3本ともご覧いただけます。

    11月19日(土)20日(日) 開場9:30

10:00~12:02 (両日とも)

「光りの墓」 (122分)

13:00~14:37 (両日とも)

「みんなのアムステルダム国立美術館へ」(97分)

14:50~17:51 (両日とも)

「ナショナル・ギャラリー 英国の至宝」(181分)

上映作品

「光りの墓」
(15年/122分/BD)
19日(土)20日(日)とも 10:00~12:02
製作・監督・脚本:アピチャッポン・ウィーラセタクン 
撮影:ディエゴ・ガルシア
出演:ジェンジラー・ポンパット・ワイドナー、ジャリンパッタラー・ルアンラム

かつて学校だった病院で原因不明の“眠り病”にかかった男たちがベッドで眠っている。病院を訪れた女性は、面会者のいない“眠り病”の青年の世話をはじめ、眠る男たちの魂と交信する特殊な力を持つ若い女性と知り合う・・・。
アピチャッポン監督の故郷、タイ東北部イサーン地方を舞台に撮影が行われ、空や水や雲にも霊が宿り、人々はスピリチャルな空気の中で生きる。幾重にも重なった土地の記憶と愛の記憶が、言葉にできない感動を生む大傑作。



「みんなのアムステルダム国立美術館へ」
(14年/97分/BD)
19日(土)20日(日)とも 13:00~14:37
監督:ウケ・ホーヘンダイク 
撮影:サンダー・スヌープ、グレゴール・メールマン
出演:アムステルダム国立美術館のスタッフ、ロナルド・デ・レーウ、ビム・パイベス
レンブラントの「夜警」やフェルメールの「牛乳を注ぐ女」など数々の傑作を所蔵するオランダのアムステルダム国立美術館。前作では、2008年の再オープンを目指して04年に始まった改修工事が、地元住民の反対など様々な問題により何度も中断に追い込まれてしまう。その作品に続き、ホーヘンダイク監督が、再オープン目指して奮闘する学芸員や建築家などの人々を捉えた作品。



「ナショナル・ギャラリー 英国の至宝」
(14年/181分/BD)
19日(土)20日(日)とも 14:50~17:51
監督・編集・音響:フレデリック・ワイズマン 
撮影:ジョン・デイヴィー
出演:ナショナル・ギャラリーのスタッフ他、エドワード・ワトソン、リアン・ベンジャミン         
 
少数のスタッフを率い、独自の手法で世界を驚嘆させるドキュメンタリー映画を50年近くも発表し続ける巨匠ワイズマン監督の最新作。
ダ・ヴィンチ、ルーベンス、ターナー、ミケランジェロ、カラヴァッジオ、レンブラント、フェルメール、モネ、ドガ、ゴッホなどの西洋絵画の傑作がずらりと揃う「名画の宝庫」。ロンドンの中心、トラファルガー広場にあり年間500万人以上が訪れる美術館の秘密にワイズマン監督が迫る。

PAST PERFORMING ARTS これまでの舞台芸術

TOP