PERFORMANCE & FILM 舞台芸術 & 映画

2021:11:03:17:58:52:2021:11:03:00:00:00今後のイベント

高知県立美術館28周年開館記念日 声明の会・千年の聲
聲明コンサート
「祈りの聲」

2021年11月03日[水]

日時:2021(令和3)年11月3日(水・祝) 18:00開演
   [17:30開場/上演時間約100分]
※17:45より演出家・田村博巳と作曲家・宮内康乃によるプレトークを行います。

会場:高知県立美術館 ホール

料金(全席自由・税込)
大変好評につきチケットは完売致しました。厚くお礼申し上げます。当日券の販売はございませんのであらかじめご了承ください。(2021.10.24追記)
一般:前売2,500円(当日3,000円)
学生:前売1,000円(当日1,500円) ※小学生から大学生

※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・戦傷病者手帳・被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)は3割引です。割引料金:一般前売1,750(当日2,100)円、学生前売700(当日1,050)円(ローソンチケットは割引対象外)
※未就学児は入場できません。
※車椅子席と介護者席をご利用のお客様は、事前にご連絡ください。(高知県立美術館:088-866-8000)

▶︎この公演は国および高知県のガイドラインに基づき、客席制限を行わずに開催する予定です。今後の感染状況次第で制限を設ける可能性もございますが、何卒ご理解のほどお願いいたします
▶︎客席通路で出演者が詠唱する演出がございます。
▶︎入場時のマスク着用と手指消毒、ご連絡先のご記入にご協力をお願いいたします。

前売券販売所
※聲明コンサートのチケットは完売致しました。(2021.10.24追記)
※大変好評につき前売券の残数が僅かとなりました。高知県立美術館ミュージアムショップでのみ販売中です。(2021.10.23追記)

高知県立美術館ミュージアムショップ  販売予定枚数を終了しました。
 Tel 088-866-7653(9:00~17:00)※10/1~10/7休業

高新プレイガイド 販売予定枚数を終了しました。
 Tel 088-825-4335(平日10:00~17:00)

ローソンチケット【Lコード:62007】 販売予定枚数を終了しました。
※ローソンチケットのみ県外店舗でも販売します

文化庁 大規模かつ質の高い文化芸術活動を核としたアートキャラバン事業
県芸術祭ロゴ.png令和3年度第71回高知県芸術祭共催行事
主催:高知県立美術館、公益社団法人全国公立文化施設協会
後援:高知新聞社、RKC高知放送、KUTVテレビ高知、KSSさんさんテレビ、KCB高知ケーブルテレビ、エフエム高知、高知シティFM放送

<東京公演>
11月30日(火)-12月1日(水) スパイラルガーデン(南青山)

作品概要

20人の僧侶が紡ぐ圧巻のハーモニー

寺院で僧侶が唱えるお経に旋律がついた仏教音楽を「聲明(しょうみょう)」といいます。聲明に関するもっとも古い国内の記録は、752年の東大寺の大仏開眼供養会(くようえ)で、この法会では唄(ばい)、散華(さんげ)、梵音(ぼんのん)、錫杖(しゃくじょう)の四曲からなる「四箇法要(しかほうよう)」が上演されました。今回は、「声明の会・千年の聲(しょうみょうのかい・せんねんのこえ)」を招聘し、大仏開眼供養会でも上演された古典の「四箇法要」と、作曲家・宮内康乃が千年の聲のために作曲した新作聲明曲「海霧讃歎(うみぎりさんだん)」「海霧廻向(うみぎりえこう)」を上演します。「海霧讃歎」は、東日本大震災の津波で亡くなられた佐藤淳子さんが生前詠んだ短歌をもとに2012年に作曲され、被災地を含む日本各地で再演を繰り返してきた名作です。「海霧讃歎」の対となる今年初演されたばかりの新作「海霧廻向」とともに、鎮魂の祈りと生命への賛歌を僧侶達の美しい倍音(ばいおん)に乗せてお届けします。

制作クレジット

【出演】声明の会・千年の聲[七聲会(天台聲明)、迦陵頻伽聲明研究会(真言聲明)]
【作曲】宮内康乃
【構成・演出】田村博巳
【照明】森下泰(ライトシップ)
【プロダクション制作】花光潤子
【制作協力】NPO法人魁文舎
【協力】真言宗豊山派安養院、神奈川県立音楽堂

プロフィール

声明の会・千年の聲
[七聲会(天台聲明)、迦陵頻伽聲明研究会(真言聲明)]

1200年の伝統を誇る日本の音楽の貴重な財産である「聲明」。その伝統の継承と発展を目的に、1997年、日本の聲明の二大潮流を成す真言宗・天台宗の指導者が宗派を越え「聲明四人の会」を結成。後、名称を「声明の会・千年の聲」と改める。98年から2016年まで東京・青山のスパイラルで毎年定期公演を開催し、古典作品の紹介と優れた作曲家に委嘱する新作聲明を多数発表する。2014年には9.11テロ鎮魂の曲、鳥養潮作曲《存亡の秋》を、ニューヨークを始めとするアメリカ3都市で巡演し大きな感動を呼んだ。聲明のもつ伝統の深さと現代への可能性を追求し今日に至る。CDリリースに「阿吽の音」、「存亡の秋」(鳥養潮 作曲/㈶ビクター伝統文化振興財団)がある。

関連講座「はじめての聲明講座」

声明の会・千年の聲の僧侶と作曲家をゲストに迎え、聲明の歴史や魅力、天台聲明と真言聲明の宗派による違いの聴き比べなどをお伝えする、わかりやすい入門講座を行います。公演をご覧いただく前の基礎知識としても、講座だけでもお楽しみいただけます。

日時:2021年10月24日(日) 15:00
会場:高知県立美術館ホール
料金:無料(事前申込制)

講師:新井弘順(真言聲明・宝玉院住職)
   末廣正栄(天台聲明・金嶺寺住職)
   戸部憲海(真言聲明・泉蔵寺住職)
   宮内康乃(作曲家)

申込方法:9月17日(金)10:00より受付開始

申込・お問い合わせ:高知県立美術館 Tel 088-866-8000(9:00~17:00)

※入場者数を客席数の50%に減らす入場制限を行います。

※講座は講師による講義形式で進めますが、一部、講師と客席のお客様が一緒に聲明を唱える体験コーナーを設ける予定です。今後の感染状況によって内容を変更する可能性がございますのでご了承ください。

-

東京公演

同演目の聲明コンサートが、東京・青山のスパイラルでもご覧いただけます。

スパイラル聲明コンサート「千年の聲」
四箇法要『花びらは散っても花は散らない』附 宮内康乃作曲

日時:2021年11月30日(火)-12月1日(水)
   両日20:00開場/20:30開演
会場:スパイラルガーデン(Spiral 1F)www.spiral.co.jp/
問合せ先:NPO法人魁文舎[KAIBUNSHA]
TEL: 03-3275-0220(平日11~19時)www.kaibunsha.net

文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業
主催:NPO法人魁文舎
共催:声明の会・千年の聲
企画協力:スパイラル

声明の会・千年の聲 聲明コンサート「祈りの聲」高知公演トレーラー映像

DSC_7788_Photo by KENJI KAGAWA.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像
photo: KENJI KAGAWA

DSC_2174_Photo by MATHRAX.jpgのサムネイル画像photo: MATHRAX

DSC_8102_Photo by KENJI KAGAWA.jpgのサムネイル画像photo: KENJI KAGAWA

PAST PERFORMANCE & FILM これまでの舞台芸術 & 映画

TOP