exhibitions 展覧会

2021:01:16:13:40:28:2021:03:14:00:00:00

企画展 生誕100年 石元泰博写真展

2021年01月16日[土] - 2021年03月14日[日]

会期中無休
開館時間:9:00-17:00(入場は16:30まで)
観覧料:一般前売 720円 、一般当日 900 円(720 円)、大学生 650 円(520 円) 、高校生以下無料
前売券販売:ローソンチケット(Lコード62257) *12/8(火)10:00より一般発売

※( ) 内は20名以上の団体割引料金。 ※年間観覧券所持者は無料。 ※ 身体障害者手帳、 療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、 戦傷病者手帳、 及び被爆者健康手帳所持者とその介護者( 1名)、 高知県及び高知市の長寿手帳所持者は無料。

主催:高知県立美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会、RKC高知放送
協賛:ライオン、大日本印刷、損保ジャパン
助成:芸術文化振興基金
後援:高知県教育委員会、高知市教育委員会、土佐市、土佐市教育委員会、KCB 高知ケーブルテレビ、エフエム高知、高知シティFM放送
共同企画:東京都写真美術館、東京オペラシティ アートギャラリー
IYPC logo.PNG

展覧会概要

石元泰博(1921-2012)は、対象の本質を掴み取る透徹した眼差しと、厳格な画面構成が際立つ作品によって、国内外で高い評価を受けている高知ゆかりの写真家です。

農業移民の子として米国サンフランシスコに生まれ、少年時代を高知県高岡郡(現・土佐市)で過ごした石元は、戦後シカゴの通称「ニュー・バウハウス」で先端的なモダンデザインの教育を受け、石元作品の根底を成す造形感覚を磨きました。その後は東京を拠点に活躍し、戦後日本において、写真界のみならず、美術、デザイン、建築にわたる芸術界全般に大きなインパクトを与えました。

日本の伝統建築にモダニズムを見出した代表作〈桂離宮〉をはじめとして、都市とそこに生きる人々を見つめた〈シカゴ〉〈東京〉シリーズ、丹下健三、磯崎新ら名だたる建築家たちの作品を撮影した建築写真、同時代の著名人らを個性豊かに捉えたポートレート、密教の世界を精緻に写しとった〈両界曼荼羅〉、無常のモチーフに自らの死生観を託した〈刻(とき)〉、そしてまばゆい色彩に満ちた〈多重露光〉のカラー作品など、その生涯で手掛けた仕事は実に多彩です。

高知県立美術館は、石元の約3万5千枚の写真プリント、15万枚を超えるフィルム等の作品、資料を収蔵しています。生誕100年を記念した東京都写真美術館、東京オペラシティアートギャラリーとの3館共同企画の一環として開催される本展では、この世界最大の石元コレクションを中心に、半世紀を超える写真家の軌跡を網羅的に回顧し、その色褪せない魅力に迫ります。

―写真を撮ることは生やさしいものではない。孤独な、自己との戦いの連続にほかならないのである…… (『カメラ毎日』1965 年12 月号より一部抜粋)

関連企画

■プレ講演会「 石元泰博の写真、 その深さと広さ」
高知県立美術館×高知 蔦屋書店×地域文化計画
講師:福士理( 東京オペラシティアートギャラリー シニア・キュレーター/石元泰博写真展共同企画者)
日時:2021(令和3)年1月12日(火)19:00- 聴講無料
場所:高知 蔦屋書店 2階( 高知市南御座6-10)
定員:20名
申込方法:「石元泰博写真展トーク申込」 の件名で、本文にお名前と人数をご記入のうえ、地域文化計画のアドレス(event●opalh.jp)までお申し込みください。
*「●」を「@」に変えてください。

※プレ講演会中止および代替開催のお知らせ※
1月12日(火)に高知 蔦屋書店で開催を予定しておりました上記トークイベントは、新型コロナウイルス感染拡大の最新状況を考慮し、参加ご予定のみなさまには大変申し訳なく存じますが、中止といたします。
なお、福士理氏のご厚意により、今回お話しいただく予定の内容を収録し、後日、配信することといたしました。配信日時、視聴方法については、高知 蔦屋書店HP、インスタグラム等を通じて改めてお知らせいたします。
(2021年1月6日 高知県立美術館・高知 蔦屋書店・地域文化計画)

■webギャラリートーク
上記プレ講演会の代替企画として、当館SNSにてwebギャラリートーク(全11回)を随時公開します。ぜひご覧ください。(2021年2月11日)

・Twitter #石元泰博写真展webギャラリートーク
・Facebook videos プレイリスト「生誕100年 石元泰博写真展 webギャラリートーク」


映画上映会「 ニュー・バウハウス」
2019年/アメリカ/89分
監督:アリサ・ナーミアス
出演:ラースロー・モホイ=ナジ、シビル・モホイ=ナジ、ハトゥラ・モホイ=ナジ、オラファー・エリアソン、ハンス・ウルリッヒ・オブリスト、バーバラ・カステン 他
日時:2021(令和3)年1月22日(金)① 10:30-/② 13:30-/③ 19:30- ※開場は各30分前
場所:美術館ホール
入場料:1,000円 *当日券のみ、予約不要。 展覧会半券をお持ちの方は500円に割引。
ハンガリー出身の芸術家ラースロー・モホイ=ナジ(1895 - 1946)の、シカゴでのニュー・バウハウス校長時代を中心としたドキュメンタリー。石元泰博がニュー・バウハウス在学中に学友マーヴィン・E・ニューマンと制作した短編映画「ザ・チャーチ・オン・マックスウェル・ストリート」(約8分、16ミリ、1951年)もフィルムにて同時上映します。
※「ザ・チャーチ・オン・マックスウェル・ストリート」は35ミリ版を上映します。(2020.12.23)

詳細ページはこちら


■サタデー・レクチャー「 石元泰博のシカゴ時代」
講師:朝倉芽生(当館学芸員)
日時:2021(令和3)年2月27日(土) 14:00- 聴講無料、予約不要
定員:20名
場所:1階 講義室
石元が自身の「視覚の故郷」と語るアメリカ・シカゴ。同地で受けたニュー・バウハウスの教育や、2度目の滞在の様子を中心に、2019年に行なったシカゴ調査の成果も交えてご紹介します。


資料

展覧会チラシ[PDF]
展覧会概要(プレスリリース)[PDF]
出品リスト(第1、2会場)[PDF]
出品リスト(第3会場)[PDF]

竹_00058.jpg

《東京 街》 1953-57年 高知県立美術館蔵 ©高知県,石元泰博フォトセンター

H00643.jpg

《HANA(チューリップ)》 1986-87年 高知県立美術館蔵 ©高知県,石元泰博フォトセンター

03-06.jpg

《桂離宮 中書院東庭から楽器の間ごしに新御殿を望む》 1981-82年 高知県立美術館蔵 ©高知県,石元泰博フォトセンター

G07615.jpg
《シカゴ 街》 1948-52年 高知県立美術館蔵 ©高知県,石元泰博フォトセンター

COLOR00279.jpg

《色とかたち》 1970年代-89年 高知県立美術館蔵 ©高知県,石元泰博フォトセンター

生誕100年 石元泰博写真展 対談シリーズ

YouTube にて動画公開中!

当館に先駆けた東京での「生誕100年 石元泰博写真展」開催に合わせて、評伝『石元泰博―写真という思考』の著者である武蔵野美術大学教授・森山明子氏と石元を知る方々による対談シリーズを公開します。ぜひご覧ください。

[vol. 1]飯沢耕太郎氏(写真評論家) 初回は、写真評論家の飯沢耕太郎さんにご登場いただきました。「写真界の“まれびと”としての石元」など、石元の仕事を読み解く上で重要な手掛かりとなるお話をたくさんお聞かせくださいました。

[vol. 2]原直久氏(写真家) 石元泰博「桂離宮」シリーズのポートフォリオのプリントを石元から任され担当 した写真家の原直久氏が、制作者の立場から石元との出会いとその素顔、そして プリントでの苦労まで、さまざまに語ります。

[vol. 3]内藤廣氏(建築家) 自作の撮影を依頼するなど石元と深く交流した建築家の内藤廣氏が、石元の撮影の様子、戦後「建築写真」における特異な位置、さらに近代的な分裂を生きた制作者としての姿まで、渾身の石元論を語ります。

[vol. 4]畠山直哉氏(写真家) 石元の盟友であった大辻清司に学んだ写真家の畠山直哉氏が、「造形」をキーワードに20世紀の芸術家としての石元について、また写真を撮ることの意味が変容した今日の視点からその意義について語ります。

PAST exhibitions これまでの展覧会

TOP