exhibitions 展覧会

2022:06:18:09:00:00:2022:09:11:00:00:00

佐藤健寿展 奇界/世界

2022年06月18日[土] - 2022年09月11日[日]

会期中無休

開館時間:9:00-17:00(入場は16:30まで)

観覧料:一般前売960円、一般当日1,200円(960円)、大学生850円(680円)、高校生以下無料

※前売券は、ローソンチケット(Lコード:63181)にて6月17日(金)まで販売。
※( )内は20名以上の団体料金。
※年間観覧券所持者は無料。※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳及び被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)、高知県及び高知市長寿手帳所持者は無料。

主催:高知県立美術館(公益財団法人高知県文化財団)、朝日新聞社、KUTVテレビ高知

後援:高知県教育委員会、高知市教育委員会、KCB 高知ケーブルテレビ、エフエム高知、高知シティFM放送

協力:国立民族学博物館、高知県立歴史民俗資料館、香美市教育委員会、ダイヤミック/ピクトリコプリント工房、フレームマン


▶展覧会チラシ[PDF]

内容

これまで世界120 カ国以上を巡り、各地のありとあらゆる“ 奇妙なもの” を対象に撮影を続けてきた写真家・佐藤健寿。佐藤の造語をタイトルとして出版された写真集『奇界遺産』は空前の人気を博しました。

人類が生み出した摩訶不思議な文化や文明、自然が生んだ奇景など、佐藤自ら現地に赴き、率直な視点でとらえた世界中の“ 奇妙なもの” たちは、見る人に多くの驚きと発見を与え、未知への好奇心を刺激してやみません。

本展では、『奇界遺産』シリーズのほか、膨大な旅の記録を振り返った最新刊『世界』や高知での撮り下ろしなど、200 点あまりを一堂に展示します。

本展に寄せて

「奇界遺産」というテーマで長い旅をしてきた私が今思うことは、この世界に「奇妙なもの」は、そもそも存在しないのではないか、という逆説だった。それはただ私たちが考える「普通」の「境界」の外側にあるが故に、そう感じられるに過ぎない。私自身、「奇界」遺産というテーマに沿っていわば世界の極点ばかりを巡ってきたが、歩けば歩くほど、それは同時に「世界」というより大きな円環を認識する旅となったのだった。本展示はそうして私が見てきた「奇界/世界」、あるいはその狭間に広がる私たちの認識の「境界」を巡る、長い旅の記録である。 

佐藤健寿



関連イベント

佐藤健寿によるギャラリーツアー
閉館後の展示室を作家本人のガイドで巡る特別なツアーです。

日時:6月18 日(土)17:15-18:45
受付場所: 1 階 エントランス
定員:先着20名 参加費 5,000 円(観覧券、図録付き)
[要予約] 5 月12日(木)9:00 より電話(088-866-8000 /9:00-17:00)にて受付
※定員に達しました。

佐藤健寿トーク「奇界/世界を語る」
本展の見どころの他、これまでの活動や撮影秘話などについて語っていただきます。

日時: 7月16日(土) 14:00-15:30
会場: 美術館ホール
定員: 先着300名 参加無料
[要予約] 6月9日(木)9:00より電話(088-866-8000/9:00-17:00)または専用申込フォーム(外部サイト)にて受付

旅の音楽会
民族楽器(馬頭琴、ホーミーetc.)の演奏を行います。

日時:7月3日(日)① 11:00- ② 14:00- 各約30分
会場:2 階 回廊
出演:佐々琢哉
[予約不要]

ワークショップ「デハラと作る未確認ソフビ生命体」
ソフトビニールのフィギュアパーツを組合せて、不思議な生きものを作ります。

日時:8月13日(土)①10:00-12:00 ②14:00-16:00 
会場:1 階 創作室
講師:デハラユキノリ(フィギュアイラストレーター)
対象:どなたでも(小学2年生以下は要保護者同伴。模型用塗料を使用します。)
定員:各回 先着10 名
参加費:1名 2,000 円
[要予約]7月7日(木)9:00より電話(088-866-8000 / 9:00-17:00)にて受付

夏の定期上映会「奇界な映画」
日時:8月20日(土)、21 日(日) 
会場:美術館ホール
上映作品(予定):
「ファンタスティック・プラネット」 監督:ルネ・ラルー/1973年
「殺人蝶を追う女」 監督:キム・ギヨン/1978年
「恐怖の足跡」 監督:ハーク・ハーヴェイ/1962年
「渚の果てにこの愛を」(R15+) 監督:ジョルジュ・ロートネル
/1970年
※タイムテーブルなどの詳細は近日公開予定。

レクチャー「いざなぎ流の不思議な世界」
高知の民間信仰「いざなぎ流」を中心に日本の信仰文化について解説します。

日時:9月3日(土)14:00-15:30 会場 1 階 講義室
講師:梅野光興(高知県立歴史民俗資料館 学芸員)
定員:先着30名 参加無料
[要予約]電話(088-866-8000/9:00-17:00)にて受付



県立歴史民俗資料館×県立美術館 コラボ企画「世界不思議ミュージアム」

今年の歴民館と美術館はちょっとアヤシイ! 県立歴史民俗資料館で開催される「驚異と怪異展」と連携した企画を行います。


スタンプラリー「世界不思議手帖」
手帖を片手に、展示やイベントに参加しよう!スタンプを集めるうちに、あなただけのどこにもない“ミュージアム” が頭の中に浮かび上がります。

世界不思議手帖-完成_0424-1.jpgのサムネイル画像

写真提供(手帖):佐藤健寿、国立民族学博物館
イラスト提供(スタンプ):阿部結

※会期中、各館他にて配布します。
※スタンプの絵柄によって押印対象の展覧会・イベントが異なります。詳しくは手帖をご確認ください。
美術館でのスタンプ押印は6月18日(土)からです。ご注意ください。


「驚異と怪異―世界の幻獣と霊獣たち―」
4月29 日(金・祝)-6月26 日(日)高知県立歴史民俗資料館
「れきみんワンダーデイズ」
4月29日(金・祝)、30日(土)、5月3日(火・祝)、5月4日(水)、5月7日(土)、5月8日(日)
●「コーナー展 異界遺産」
7月8 日(金)-9 月11日(日) 高知県立歴史民俗資料館
「いざなぎ流御祈祷」
開催中-9 月30日(金) 奥物部美術館

※展覧会・イベントの詳細は、各チラシまたはウェブページをご確認ください。

山中由里子╳佐藤健寿 クロストーク「奇界/世界/想像界」
「驚異と怪異」展企画者で佐藤健寿展図録へもご寄稿いただいた山中由里子氏(国立民族学博物館教授)と佐藤氏による対談を行います。

日時:6月19 日(日)14:00-16:00
会場:高知県立歴史民俗資料館 2 階 多目的ホール
定員:先着60名 ※「驚異と怪異」展の観覧券が必要です。
[要予約]5 月18 日(水)10:00 より電話(088-862-2211 /県立歴史民俗資料館)にて受付
※定員に達しました。
※当日、高知県立美術館YouTubeチャンネルにてライブ配信することとなりました(無料、予約不要)。配信URLは近日こちらのページにてお知らせいたします。(2022/5/18)

助成:JSPS 科研費JP18H03573
※後日、記録映像をウェブ公開予定。

オープニングトーク「ようこそ!世界不思議ミュージアムへ」
両展覧会の担当学芸員が、それぞれの魅力と連携企画についてお話しします。

日時:4月29 日(金・祝) 14:00-15:30
会場:高知県立歴史民俗資料館 2 階 多目的ホール 
講師:梅野光興(県立歴史民俗資料館 学芸員)、朝倉芽生(当館学芸員)
定員:先着60 名 ※「驚異と怪異」展の観覧券が必要です。
[要予約] 電話(088-862-2211/県立歴史民俗資料館)にて受付


ティーチャーズ・ウィーク

期間中、高知県内の教職員の方(図工や美術以外も含む)は本展およびコレクション展を無料でご観覧いただけます。希望者には学校での美術館利用についてのご相談も受け付けています。

日程:8月7日(日)-8月13日(土) 
[要予約] 電話(088-866-8000/9:00-17:00)にて受付

DSC00412.jpg

《レイチュン・セチャー大仏/ミャンマー》2011年 ©KENJI SATO


DSC03780.jpg

《マンモス公園/中国》2018年 ©KENJI SATO

L1040478.jpg
《Nevada, United States》2019年 ©KENJI SATO



プロフィール

佐藤健寿(さとう けんじ)
1978 年生まれ、武蔵野美術大学卒業。世界中の奇妙なものを紹介するウェブサイト「X51.ORG」が絶大な人気を博し、写真集『奇界遺産』3 部作は異例のベストセラーとなる。テレビ朝日「タモリ倶楽部」やTBS「クレイジージャーニー」、NHK「ちきゅうラジオ」などのメディア出演のほか、雑誌や広告の撮影、企業キャンペーンの監修など、活動の幅を広げている。2021 年に最新写真集『世界』を刊行。

kenji-sato-profile.jpg

▶佐藤健寿 公式サイト
▶佐藤健寿展 奇界/世界 公式サイト

PAST exhibitions これまでの展覧会

TOP