PERFORMANCE & FILM 舞台芸術 & 映画

今後のイベント

高知パフォーミング・アーツ・フェスティバル2019/「ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展」関連公演 「 ピン・ポン 」 座・高円寺レパートリー

2019年11月30日[土]

日時:2019年11月30日(土)
1回目 11:00/2回目14:00(上演時間:約60分)
*開場は開演の30分前

会場:高知県立美術館ホール

料金(全席自由・税込)
一般前売1,500円(当日2,000円)
4歳~小学生前売 500円(当日1,000円)

〇3歳以下無料。ただし、座席を必要とするお子様はチケットが必要です。
〇割引料金《一般前売1,050円・当日1,400円/小学生以下 前売350円・当日700円》 身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・戦傷病者手帳・被爆者健康手帳所持者と その介護者(1名)は3割引きです。(ローソンチケットは割引対象外)

前売券発売所:
高新プレイガイドTEL088-825-4335(平日9:30~17:30)
金高堂本店 TEL088-822-0161
こうち生協(コープよしだ・コープかもべ)
ローソンチケット【Lコード:62409】TEL0570-084-006 http://l-tike.com/

※美術館展示棟が休館しているため、ミュージアムショップはお休みしております。
--

主催:高知県立美術館
企画・制作:NPO法人劇場創造ネットワーク/座・高円寺
後援:高知県教育委員会、高知市教育委員会、高知新聞社、RKC高知放送、KUTVテレビ高知、KSSさんさんテレビ、KCB高知ケーブルテレビ、エフエム高知、高知シティFM放送
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)、独立行政法人 日本芸術文化振興会

文化庁ロゴ.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像芸術祭ロゴ.jpg

作品概要

たくさんのピンポン玉といっしょに旅にでよう!
―セリフのない1時間ほどのお芝居ですー

ストーリー
女の子が迷いこんだのは、ピンポン玉が生きているふしぎな世界。そこではずかしがりやの男の子「ピン」と、元気いっぱいの女の子「ポン」と出会って、遊んで旅をして、たくさんのぼうけんをするうちに・・・

演劇の魅力を知りつくした演出家・佐藤信(座・高円寺芸術監督)と、「かおノート」や「パンダ銭湯」などで人気のユニットtupera tupera、自由な身体表現の可能性を求める舞踏家の竹屋啓子が、子どもたちのために心を込めて作ったお芝居です。 何百個ものたくさんのピンポン玉、糸やスプーン、透明のチューブやドライヤー、ビニール傘など、身近にある“もの”たちが、夢の中の物語をつむぎます。音楽の生演奏、リズミカルな歌、コミカルなパフォーマンス、しなやかなダンス、ユーモラスな美術など、さまざまな要素が絡み合い、子どもたちの想像力をかきたて、ライブの楽しさを伝えます。座・高円寺、そして全国で10年間連続上演する名レパートリーです。はじめての観劇にもおすすめの作品です。

クレジット

〇構 成・演 出:佐藤信
〇美 術・演 出:tupera tupera
〇振 付・演 出:竹屋啓子
〇出演:公門美佳、久保恒雄、光田圭亮/磯田収(音楽演奏)
〇舞台監督:山﨑牧 照明:梶原由祐 音響:島猛 衣装:STORE
〇企画制作:NPO法人創造ネットワーク/座・高円寺

無料託児サービス(事前申込制・定員10名・先着順)

公演をご覧になられる方で、託児をご希望の方はお電話で仮予約のうえ、お申込みください。
なおご利用は生後6ヵ月以上のお子様で未就学児童に限らせていただきます。
高知県立美術館 TEL:088-866-8000(9:00~17:00) 
締め切り:11月22日(金)

関連イベント 企画展

「ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展」
会期:2020年1月2日(木)- 3月8日(日)
会場:高知県立美術館 第2・3展示室
観覧料:
一般前売880円 一般当日1,100円(880円)
大学生当日800円(640円) 高校生以下無料
*()内は20名以上の団体割引料金 *身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳及び被爆者健 康手帳所持者とその介護者(1名)、高知県及び高知市の長寿手帳所持者は無料

展覧会のHPはこちらhttps://moak.jp/event/exhibitions/_tupera_tupera.html

舞台写真は全て、座・高円寺(2018) Photo:梁丞佑

IMG_0442.jpgIMG_0119.jpgIMG_0304.jpgIMG_0301.jpgIMG_0219.jpgIMG_0225.jpg

PAST PERFORMANCE & FILM これまでの舞台芸術 & 映画

TOP